ゲーミングPCの相場はいくらくらい?

ゲーミングPCを購入したいと思っているけど、ゲーミングPCって物によって値段が違いすぎてどれを買っていいのか全くわからない!!!

ゲーミングPCの相場がわかればそれを参考に考えられるのに…と思っている人もいるでしょう。

今回はゲーミングPCの相場について解説していきましょう。

ゲーミングPCに相場はない

正直なことを申し上げるとゲーミングPCに相場はありません。

ゲーミングPCの値段は中身のパーツによって上下してくるのですが、上を見れば上限は有りませんし、下を見れば下限がないので、ゲーミングPCは超高級激高にもなりますし、超激安にもなります。

ゲーミングPCの大手であるドスパラのランキング1〜3位までの平均額は12万4,800円くらいなので、だいたいの相場は12万前後くらいと言ってもいいでしょう。

また、ある程度最新のパーツを使ったパソコン、すなわち最新ゲームが遊べるパソコンはどうしても最低10万円はすることからも、ゲーミングPCの相場はとりあえず最新ゲームが遊びたいなら10万、PCゲームの性能をフルに発揮して超キレイな画質でゲームを遊びたいならそれ以上と考えていいでしょう。

もし予算も自分が欲しいパソコンのスペックも何もかも不明という人は12万程度のPCを目安に購入するといいかもしれません。

基本的にはだいたい10万出せば最新のゲームを全て中~高画質で遊べるパソコンが手に入り、12~3万出せば最新のゲームを全て高~最高画質で遊べるパソコンが手に入り、15万ほど出せば全てのゲームを最高画質で遊べる上、今後1~2年は画質を低くする必要が無いようなパソコンが手に入ります。

予算と必要な処理能力を考え、最も適切な物を購入しましょう。

予算からPCを考えよう

ゲーミングPCをいくらで、どれを、何がしたくて買うべきなのかといったところから不明な人はとりあえず予算を決めましょう。

予算を決めるのは簡単ですね。

自分がどれくらい稼いでいて、もしくはどれくらい貯金していて、もしくは親がどれだけ自分に払ってくれそうか、そして大手ゲーミングPCのBTOサイトで一番売れているパソコンが12万前後と考えればだいたい答えは出てくるはずです。

さらに情報を追加いたしますと、ゲーミングPCは

安価:9万前後:最新のゲームも問題なく遊べるが、最高設定では遊べない LoLやSA、BF4などちょっと古いゲームなら最高設定でも遊べる

普通:13万前後:最新のゲームのほとんど全てを最高設定で遊べる

高級:15万前後:最新のゲームに加え、今後1年以内に発売されるゲームも最高設定で遊べる VRもできる

超最高級:25万〜:最新のゲームは言わずもがな、今後2年以内に発売されるゲームも最高設定で遊べる上、やろうと思えば4Kモニターを接続し4倍の解像度の限界を突破した超未来の画質で遊べる、VRもサックサクに遊べる

という感じの値段設定になっていることが多くなっています。

13万は出せないけど9万なら…とか13万から2万だせば高級クラスになるなら…と言う人もいると思うので参考にしてみてください。

これはモニター抜きの値段なので、モニターも必要な場合はこれにプラス1.3万前後と考えましょう。

もちろんデュアルディスプレイ、トリプルディスプレイにしたければその分のモニターを買う必要が出てきます。

また、144Hz液晶みたいな高級ゲーミングモニタが欲しい場合はさらにその額を上乗せする必要があります。

やりたいゲームからPCを考える

なぜ人はゲーミングPCを買うのでしょうか?

…なぜならやりたいゲームがあるからですね。

BF4、マインクラフト、スカイリム、GTA5、Fallout4、メタルギア、ウィッチャー3、FF14、モンハンフロンティアなどなど…PC版でのみケタ違いのグラフィックで楽しく遊べるゲームというものは死ぬほどあります。

やりたいゲームからPCを考えるなら、ゲーム別推奨PCのページを見てみましょう。

Screenshot at Jan 12 21-31-05

日本で有名なゲームはたいてい網羅してあります。

また、推奨PCを購入した場合、こんな感じで特典アイテムが付いてくる事もあります。

Screenshot at Jan 12 21-32-05

ちょっとお得ですね。

当サイトでも、今のところ

マインクラフトの影MOD、工業MODを入れても難なく動くパソコンの紹介

Fallout4が滑らかに動くパソコンの紹介

とうらぶが出来るパソコンの紹介

League of Legendsのためのパソコンの紹介

オーバーウォッチ向けパソコンの紹介

などなどを行っています。気が向いたらゲーム別パソコン紹介ページも見てみてくださいね。

予算別おすすめゲーミングPC

9万円代

9万円代のゲーミングPCならば、すべてのゲームを問題なく遊ぶことが出来るでしょう。

ただし、ゲーミングPCとしては最低限の価格帯であり、搭載されているパーツの性能もそこそことなるため、あまり綺麗な画質で遊ぶことは出来ません。とはいえPS4やXboneよりは全然綺麗な画質でプレイできますが…

9万円代のゲーミングPCを買うならこちらがおすすめです。

ガレリアDH
CPUIntel Core i5-6500
グラボGeforce GTX1050 Ti
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
SSD:250GB
価格99,980円〜

このガレリアDHは正直言ってそこまで強力なパソコンではありません。BF1やCoD:IWといった最新のゲームを最高設定で遊んだり、マインクラフトの影MODの1番負荷が高いやつを入れててスムーズに遊ぶなんてことは出来ないでしょう。

しかし値段あたりの性能、つまりコスパで言うならおそらく最強のパソコンの類に入るでしょう。ガレリアDHが搭載しているGTX 1050Tiというのはついこの間(2016年11月)に発売されたばかりのGTX1000シリーズのローエンドモデルとなっています。

最新シリーズではあるものの、他のGTX1000番代と比べるとそこまで強力な処理性能は持ち合わせていません。ですがこのGTX1050Tiは何がいいってGTX960よりも若干高い性能を持っているのにもかかわらずGTX960よりも5000円も安いのです。

恐らくいまGTX960の在庫を抱えている店は顔面蒼白となっていることでしょう…もしBTOサイトなどでGTX960搭載パソコンが10万円くらいでオススメされていたら声高に「コイツは怪しいぞ〜」と言ってやりましょう。

パソコンの値段の3分の1くらいはグラフィックカードで決まってくるので、GTX1050Tiを搭載したパソコンの値段は大幅に下げられることになります。

13万円代

13万円代のゲーミングPCを買えば、ほぼすべてのゲームを最高設定で遊べるはずです。

なぜならば新作グラフィックカードであるGTX1000シリーズがついこの間(2016年5月ごろ)発売されたばかりだからです。新作のグラフィックカードはとにかく強力で、特にGTX1000番台はあまりにも強力すぎるためゲームの進化のほうが追いついていないと感じるほどです。

あの超キレイな画質で有名なバトルフィールド1も、GTX1000番台を使えば4K画質でスムーズに遊べるとか…

mIMreob

そんな13万円代のゲーミングPCでおすすめなのはこちらです

ガレリアXF
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i7-7700
グラボGeforce GTX1070
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:2TB
SSD:525GB
価格159,980円〜

このゲーミングPC「ガレリアXF」はついこの間までGTX970という前世代のグラフィックカードが搭載されていたのですがいつのまにか更新されてGTX1070が搭載されていました。

GTX970とGTX1070でどれほど性能に差がつくのでしょうか?データで比べてみましょう。グラフィックカードの性能を測るにはさまざまな方法がありますが、今回はPassmarkというサイトの点数を持ってきました。

  • GeForce GTX 970:8,632点
  • GeForce GTX 1070:11,254点

なんと1.3倍もの差がついています。ドラゴンボールの戦闘力や、ワンピースの懸賞金のハイパーインフレに慣れてしまった現代の人間は「なんだ…1.3倍しか違わないのか…」なんて一瞬思うかもしれません。

しかし!ゲーミングPC業界で1.3倍の違いというのはとてつもない違いとなります。具体的に言うと金日成とガンジー、ヒトラーとマーチン・ルーサー・キング・ジュニア、パリピと東大生くらいの違いはあります。

PCでゲームをする際に重要なのはゲーム中に毎秒何フレーム描写できるかなのですが、これはFPS(Frame Per Seconds《秒間フレーム数》)と言われます。

搭載されているグラフィックカードが強力であればあるほど、このFPSを上げることが出来ます。画質を高く設定すると負荷が高まりFPSが下がってしまうのですが、強力なグラフィックカードであれば高画質のままFPSを高水準に保つことが出来ます。

このFPSは30が最低ライン、60以上が標準と言われています。FPSが60を下回るとゲームはカクカクしはじめ、30を下回るとプレイ不可能と思えるような見た目になります。

fpsdemo1

さて、GTX970とGTX1070の話に戻りましょう。この2つのグラボは「たったの1.3倍しか」性能に差がないように見えますが…

もしGTX1070なら60FPSで動かせるゲームはGTX970なら46FPSとなり…

もしGTX1070なら30FPSで動かせるゲームはGTX970なら23FPSとってしまうわけです。

FPSが違えばどれほど快適度が変わってくるかは上の動画から見ても簡単に推測できるかと思われます。そんな次世代のグラフィックカードが13万円台のPCには搭載されているわけですね〜

22万円代

お金はいくらでもあるからとにかく今1番いいものをくれ!というブルジョワジーの塊のような人にはこのパソコンがおすすめです。

ガレリアZG
kt_410
CPUIntel Core i7-7700k
グラボGeforce GTX1080
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:3TB
SSD:525GB
価格219,980円〜

最初にゲーミングPCの相場には上限がないと書いたのになぜお金が無限にあっても22万円代のパソコンなのかというと…単純にこれ以上に強力なゲーミングPCを手に入れてもその性能を発揮するところがないからです。

いちおう、上を見ればGTX1080を2枚積んだ40万とか50万のパソコンもあるにはあります。

しかし、グラフィック重視のAAAタイトルの最新ゲームであるバトルフィールド1だとか、CoD:IWですらこのガレリアZGに搭載されているGTX1080は、これ1枚あれば最高設定で100FPS以上を出した状態でプレイが可能です。

やろうと思えばGTX1080それだけでBF1を4K解像度でわりとスムーズに遊ぶことすらできるというのですから驚きです。

そういうわけで、例えば4K解像度でデュアルモニターでBF1を最高設定で144FPS出して遊びたい…みたいな頭お花畑としか思えないレベルの現実的でない高画質で遊びたいというのでなければこの22万円代のゲーミングPCでまったく十分というわけです。

予算30万位状あるなら

正直言ってゲーミングPCの性能は20万円代のパソコンで頭打ちです。

いえ…やろうと思えばお金をかけただけたとえばGTX1080を2枚搭載するとか、TitanXを搭載する等によりその性能を上げることは出来るのですが、やはりそれほど高性能なパソコンを今手に入れた所で遊べるゲームがないのです。

使いみちがないレベルで高性能のパソコンは少しづつCPUのクロックを上げながら3DMarkをブン回してベンチマークスコアが上下するのを楽しむという、ゲーマーというよりはむしろエンジニア的な楽しみ方しか出来ないため、そこに楽しみを見つけられる人でなければ限界を超えた高性能パソコンを入手する意味はあまりありません。

そういうわけで今のところゲーミングPCの価格と性能の上限は実質Corei7-7700KとGTX1080が搭載された20数万円くらいのパソコンと言っていいでしょう。

しかし世の中には「ゲーミングPCが欲しい、予算30万で!」みたいな感じの人もいるはずです。そんな人はどうすればいいのでしょうか…?

予算が30万近くあるのならば、パソコン本体は20数万の物を買い、10万円分を他のものに回すといいでしょう。例えば…

1.マルチモニター

パソコンのモニターは何個も買えばその分横に繋げることが出来ます。これをマルチモニターと言い、モニターの数だけ作業場所を増やすことが出来ます。

マルチモニターは何が良いのかというと、例えばメインモニタにゲームを表示させながら、サブモニタにそのゲームの攻略方法を表示させたり、メイン画面でマインクラフトをやりながらサブモニタにクラフトレシピを表示させたり…

メインモニタで調べ物Aをしながらサブモニタに調べ物Aに関係のあるBを表示させておいたり、メインモニタで作業をしながらサブモニタでその作業のやり方を表示させたり…

とにかくモニタが2枚あれば、単純に作業効率を2倍に出来ます。1度マルチモニターに慣れてしまうともう戻れません。

もしくはモニタの枚数分、画面を横に引き伸ばすことも可能です。

画面が広がった分没入感も上がる上、視界も広がるのでFallout4のようなシングルプレイゲームでもBF1のようなマルチプレイヤーゲームでもつかえます。

2.144Hzモニター

GTX1080ほど強力なグラフィックカードを搭載したパソコンを買い、ついでにお金もあるなら個人的には144Hzモニタも一緒に購入することもおすすめします。

144Hzモニタというのはその名の通り、144FPSまでの描写が可能になっているモニターのことを言います。通常の液晶モニターは技術的に60FPSまでしか表示することが出来ないのですが、144Hzモニタは144FPSまで描写することが可能になっています。

144Hzモニタの性能を100%フルに発揮するにはゲーム内で144FPS以上の描写ができる高性能なグラフィックカードが必要になってくるので、質のいいグラフィックカードが搭載されているゲーミングPCを購入するのならぜひとも一緒に買っておきたいモニターです。

144HzモニタはゲーミングPCの購入のさい、構成を変更するところから選ぶことが可能です。

screenshot-at-nov-10-17-51-03

こんな感じで144Hzと書いてある事を確認してから追加しましょう。144Hzモニターは普通のモニタと比べると2倍近い価格なのですが…体験してみるとあんまり滑らかなので驚きますよ。

30FPSと60FPSでこれだけ見え方が違うのですから…

144FPSがどれくらいなめらかになるのかは想像しやすいかもしれません。

3.SSD増設

ゲーミングPCにはたいていSSDとHDDの二つがついてきています。

SSDというのはわりと最近普及し始めた記憶デバイスで、SSDにデータを入れておくと物凄い勢いでデータの読み込み・書き込みが出来るようになります。

高速読み込みの利点といえばやはり、ゲームやアプリの読み込み時間の短縮でしょう。SSDにゲームを入れておくと、ゲームのロード時間がビックリするほど短くなります。

ゲームのロード時間の短縮は例えばBFシリーズのような読み込みが終わった順に乗り物を選んで良いゲームなら乗り物を選ぶ優先権を必ず得られますし、オーバーウォッチのような読み込みが終わった順にクラスを選択出来るゲームなら先に自分の好きなヒーローをピックしておく事が可能です。

シングルプレイのゲームでも読み込みが早ければ移動やマップ移動時のストレスがなくなります。例えばGTA5ならキャラクター切り替えがとんでもなくスムーズに行われます。

一見利点だらけのSSDですが、SSDは容量あたりの値段がまだ高く、SSDだけにすべてのデータを保存するのはまだ難しいため、読み込みが遅い代わりに容量あたりの値段が安いHDDが一緒に搭載されているわけです。

ゲーミングPCを新しく買うなら基本的には重要なデータとよく使うアプリをSSDに入れ、そんなに重要でないデータはHDDに入れておくという使い方になるはずです。

必然的にWindowsOSとゲームが同じSSDに入ることになるのですが…正直言ってそれだとデータが全く足りなくなります。

パソコンやスマホを触った事がある人なら分かるかと思いますが、データ容量というものは自分が知らないうちにどんどん肥大化していくものです。いずれどこかで余分なデータを削除して容量をあける必要が出てきます。

SSDにWindowsOSとゲームを一緒に入れていると、いずれデータがパンクします。また、そもそもWindowsOSという大容量を必要とするものにそれ以外のゲームを入れようとしても、AAAタイトルを1個入れたらそれだけで何も入らなくなってしまうかもしれません。

そういうわけで個人的にはSSDを1個追加で増設することをおすすめしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする