ゲーミングPCを買うならSSDは2つ用意しよう

ゲーミングPCを新調する予定の人にはSSDっていうのに興味がある人もいるでしょう。

ウワサによるとSSDというのはハードディスクとくらべて容量が少なくて高い代わりに読み込みスピードがとてつもなく早いというストレージデバイスだとかなんとか…

ゲーミングPCを買うならSSDは2つ用意しましょう。今回はその理由について解説していきます。

当サイトでおすすめしているガレリアDTなんかはSSDが最初からついていないので、これを買うときは構成の変更画面で変える必要があります。追記:最近の値下がりでガレリアDTにもSSDが付くようになりました。う~んお得。

もしくは当サイト1番推しのガレリアXFは最初からSSDがついていますが、それに加えてもう1個ゲーム用SSDを追加することをおすすめします。

こんなことを言うと「ええ~?SSDなんて高いし容量も少ないのになんで二つもいるの~?」なんて愚痴が聞こえてきそうですが、なぜSSDを1個ならず2個も用意する必要があるのかについて詳しく解説していきましょう。

SSDを2つ用意?

正式に言うと

1.OS用SSD

2.ゲーム用SSD

3.データ用HDD

の3つのストレージデバイスを用意しようという事です。

OS用SSDにはOSだけ入れて他のものは絶対にインストールしないように使い、ゲーム用SSDにはSteamやOrigin、LoLのクライアント、SAのクライアントなどゲーム用のクライアントを全てインストールします。

データ用HDDにはそれ以外のデータ、例えばMicrosoftのOfficeだとか、ブラウザーとか、画像や音楽などなど容量を食うものを詰め込んでいきます。

こうすることによりゲームだけはSSDから読み込まれるようになるため、ゲームを非常に快適に遊べるようになります。

2つもいるか~?

…と思うかもしれませんが、いります!!

実際、私は最初はOS用SSDにゲームなどをインストールしていました。最初の半年くらいはそれでも全く問題なかったのですが…

時が経つにつれて新しいAAAタイトルがリリースされ、それをインストールしていくと…あっという間に容量が足りなくなりました。

思い出しても見てください、OSが入っているハードディスクがどれだけのスピードで知らない間に肥大化しているかを…Cドライブの余計なファイルを消して回った過去の記憶を…

なんかこういう↓よくわからないディスク容量を空けるプログラムをインストールしてみた記憶は誰でもあるはずです。

3049__ccleaner1

Windows 10自体の容量は20GBほどしかありませんが、例えば100GBのSSDにOSを入れたとすると使える容量は80GBとなります。

もしAAAタイトルのGTA5なんか入れたら10GB近くは容量を使いますし、スターウォーズバトルフロントなんかは30GB近くの容量が必要ですからね。

もしWindows 10とスターウォーズバトルフロントとGTA5を入れればそれだけで60GB、つまり6割が埋まることになります。

これはゲームだけでの話です。windows10とゲームだけで6割で、それ以外の例えば画像やちょっとした細かいプログラム、動画などを入れればすぐに一杯になっていまいます。

新しいゲーミングPCを手に入れて、楽しい気持ちもつかの間…すぐにゲームをプレイするためにアンインストールする日々が始まります。

これは私の実体験から来ており、全くの真実です。信じるか信じないかはあなた次第…というか2個用意しないとほんとに私の二の舞いになります。

SSDでどれくらい早くなるか

そんなに沢山ストレージデバイスを用意するなんてなんかお金の無駄っぽい…と思うかもしれません。しかしSSDにゲームを入れてみるとその考えがいかに愚かであったかすぐに理解することになります。

とりあえず感覚的に理解するため、SSDにゲームをインストールするとどれくらい早くなるかという動画を見つけてきたのでご覧ください。


圧倒的にSSDの方が早いですね。

Sponsored Link:

BF4のようにロードが終わった人から先にゲームが始まるようなゲームではゲームプレイ自体に恩恵を授かれる事になります。

それ以外にもGTA、スカイリムのような基本シングルプレイのようなゲームで特に威力を発揮します。また、マインクラフトやボーダーランズ、Diablo3のようなゲームを友達とやっていて、自分だけロードが遅くて取り残されるという事は絶対に起こらなくなります。

ゲームのロード時間というのは本当に無駄ですからね。これが早くなるともう人生変わります。

でもお高いんでしょう?

SSDは一昔は10ギガあたり1万円していましたが、今では100ギガあたり1万円くらいまで値段が落ち着いています。

ハードディスクと比べると確かにかなり高めではありますが、その読み込み速度からくる恩恵を考えると安いくらいです。

ゲーミングPCをドスパラなどのBTOサイトで買う際、増設するかどうかを決めることが出来ます。

最近のゲーミングPCは基本メモリが8GBで16GBに増設する時は1万5千円みたいな感じになっていますが、1万5千円あればSSDをもう一つ付けることも出来ます。それくらいの値段なのです。

Screenshot at Jan 08 15-30-10

BTOパソコンでSSDを選ぶならブランドと性能のインテルか性能の割に安いサムスンあたりがおすすめです。ちなみに私はサムスン製を使っています。

また、SSDはすぐ壊れるだとかフリーズするみたいなマイナスイメージもありますが、最近のSSDはそんなことはありません。技術は常に進化しているのです。

正直なことを申し上げるとメモリを16GBにするよりSSDを増設したほうが明らかに体感スピードは向上するので、メモリを16GBにするくらいならSSDを増設することをおすすめします。

起動用&ゲーム用SSDが最強

ハードディスクのほうにOSをインストールしてSSDを1つだけにしてそれにゲームを入れればいいのでは?と思うかもしれませんが、OSは絶対にSSDに入れることをおすすめします。

SSDにOSが入っていると起動やシャットダウン速度だけでなく基本的な動作速度がすべて向上するので、ゲーム以外の作業中の快適度が抜群に上がります。

ゲーミングPCをPS4のようにゲームするときだけ使うというのであればまた話は別ですが、例えば大学の課題を書いたり、アマゾンで買い物をしたりといった日常的な使い方もする人はOSはSSDに入れましょう。

もしこれ以上出したらクビが回らなくなって死んでしまうという絶体絶命的な状況でゲーミングPCを買うのでなければ1万5千円を出してSSDの2つ目を付けましょう。その後のゲーミング人生が圧倒的に楽しくなるはずです。

SSDを買うなら

自分でSSDを買おうと思うならメーカー選びが重要です。個人的にはメーカーを選ぶ際はインテルかサムスンあたりにするといいと思います。

インテルはとにかくスピードに優れているイメージが有りますね。ただ、インテルというブランドがあるので値段はちょっと高めな傾向です。

サムスンは安かろう悪かろうのイメージが有りますが…SSD耐久テストではかなりの結果を残している上、値段も安いのでこだわりがないのであれば実は一番のオススメです。

容量は240GBあたりがコスパがいいと言われていますが、ストレージデバイスのコスパはどんどん情報が書き変わっていくので、買おうと思った時点で1万円くらいのSSDを選ぶのが一番いいでしょう。あと1年も待てば500GB代が1万を切っていい感じになると思われますが、2016年1月現在では1万未満の256GBのSSDが1番お得です。

250GB程度のSSDではかなりの容量を食うBF4やスター・ウォーズ、ウィッチャー3やFallout4といったAAAタイトルを何個もインストールしておくことは出来ません。そのため、たまにアンインストールをして掃除する必要が出てきますが…アンインストールする速度も早いので気にはならないでしょう。

もし私が今からSSDを買うならSandiskのSDSSDA-240G-J25Cですかね。240GBで8000円台はちょっと昔なら信じられないレベルの安さです。

ただ安さとブランドのせいで読み込み速度と書き込み速度がかなり犠牲になっています。もうちょっと出してもいいからとにかく早いほうがいいという場合はやはりインテルのSSDSC2BW240H6R5なんかがいいでしょう。

BTOでパーツが選べないのであれば、先程も言いましたがやはりインテルかサムスンの予算にあったものを選択するといいでしょう。

シェアする

フォローする

コメント

  1. ふじた より:

    はじめまして、こんにちは。
    大変ためになる記事をありがとうございます!
    私は自作するほどに詳しくはないため、アドバイスをいただきたく、コメントさせていただきましたm(__)m

    ガレリアXF Win10、SSD:250GB、HDD:2TB を昨年4月に購入しましたが、SSDの方がもうパンパンで、(HDDも2/3くらいいってます・・・)今回ドスパラのサポートさんの方で換装か増設を依頼したところです。
    SSDは更に250GBあたりの増設を考えていますが、パンパンの方のSSDはそのままにしておくのは支障が出ますでしょうか?
    管理を子供に任せていたため、SSDに落としてしまっているゲームがあるのだと思うのですが、(というか、ゲームならSSDに入れるべきなのか?)新たに増設したSSDにゲームをインストールし直した方がいいでしょうか?

    また、自分で考えるべきことでスミマセンm(__)m、HDDも1TBほど増やしておいた方がいいでしょうか。

    ど素人な質問ですみません、アドバイスをよろしくお願いいたしますm(__)m

    • PCマスターレース より:

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      ガレリアXFでSSDを2つつけずに購入したのでしたら、恐らくWindowsはSSDの方にインストールされているはずです。もしその状態でSSDが完全にパンパンになるとWindowsが自動生成したファイルの行き場がなくなり、パソコンが摩訶不思議な挙動を取り始めることがあります。私も昔SSDを1個しか持っていなかった頃、パソコンの壁紙が壊れた画像に置き換わるなど妙な現象が起きはじめ、調べた所SSDが完全に満タンになっていた…という事がありました。
      なので、パンパンになっているSSDは増設が済んだら可能な限り開けておくといいでしょう。ダウンロードフォルダなどをHDDに指定しておいたりすると容量の節約になるので、容量を空ける方法を検索しいろいろ試してみるといいでしょう。注意点としては「ディスククリーナー」みたいな類のソフトは99.999%の確率でウイルスなので、何かをインストールして自動的に開けてもらうみたいなことは絶対に避けましょう。

      HDDの方ですが、2TBと言うと映画4000本分、テレビ番組14,000本分、最新AAAゲーム60本分、中級ゲーム300本分くらいのウルトラ超大容量です。これを1年4ヶ月ほどで使い切ってしまうというのはちょっと普通ではないので、もしかしたら何かものすごく余計なゴミファイルが大量にどこかに溜まっている可能性があります。いちどハードディスクの中を確認してみて要らなさそうなファイルはバンバン消してしまいましょう。そうすればすぐ容量はかなり空くとはずですので、HDDを追加する必要はないでしょう。
      もしテレビ番組や動画をあつめるのが趣味で消すことは出来ないという場合は新たに2~4TBほど増設してもいいでしょう。

      SSDを増設し、そこにゲームを入れるようにし、不必要なファイルは定期的に消す癖をつければディスク容量に悩まされることは減るでしょう。先程自動クリーンアップソフトはインストールするべきではないといいましたが、例えばどのフォルダがどれくらい容量を使っているかグラフにしてくれるFolder Sizeなんかは余計なファイルを見つけるのに適しており、私も容量をあける際の補助して活用しているので試してみるといいかもしれません。

      • ふじた より:

        ご返答ありがとうございます!

        >パンパンになっているSSDは増設が済んだら可能な限り開けておくといいでしょう。
        はい、そうしたいと思います。
        出てきた見積もりは
        C:500GB(増設)+ E:250GB(現行の流用)およびデータ移行料=約2万^^;
        でしたが、
        C:250GB(現行)+ E:250GB(増設)
        で依頼しなおし、自分でCからEに移せるものはうつそうかとも考えています。

        記事に書かれていらっしゃるように、ゲームをどの程度したいかによるのだと思いますが、クオリティの高いゲームを多くインストールしたいのであれば500GBあるに越したことはないということですよね?
        Cは250GBのままにし、したいゲームが出てきたら、既存のゲームをアンインストールしてやってもらおうか、500GBでも1万程度になっていると聞くと、500GBにしちゃったほうがいいのか悩みます。

        ところで、SSDを2つにする場合はメーカーを揃えた方がいいでしょうか?
        既存のメーカーはサムソンで、250GB増設はM.Dというメーカーの16000円のものをすすめられました。(マウス?ですか?)
        サムソンだったら?と聞いたところ
        SAMSUNG 850EVO MZ-75E250B/IT(2.5″SATA6.0 250G TLC で12000円程度とのことです。増設作業をサポートに依頼して、動作確認や後で何かあった場合はまた頼れることを思えば、そんなものでしょうか?

        さしあたり今回戻ってきて、しばらく調子をみて問題なければ、ド●パラのサポート会員 700円/月をやめてもいいかなとも考えてます。

        >注意点としては「ディスククリーナー」みたいな類のソフトは99.999%の確率でウイルス
        CCleanerの無料版は今回初めて入れてみましたが、これは大丈夫でしょうか?
        Folder Size 教えていただきありがとうございます。
        PCが戻ってきたら早速使おうと思います!

        >HDD
        やはりものすごく余計なファイルがいっぱい入っているのですね^^;
        増設せずに、はい、バンバン消していきます!

        • PCマスターレース より:

          >依頼しなおし、自分でCからEに移せるものはうつそうかとも考えています。
          そうですね。私もそのほうがいいと思います。Cドライブからデータを移す際はHDDの方に移すようにし、触ってはいけないフォルダ(WindowsフォルダやProgramdata、ユーザー等)には触らないように気をつけましょう。大抵の不要なデータはProgram Filesの中に入っているはずなので確認してみると良いでしょう。

          >記事に書かれていらっしゃるように、ゲームをどの程度したいかによるのだと思いますが、クオリティの高いゲームを多くインストールしたいのであれば500GBあるに越したことはないということですよね?
          たしかに容量は多ければ多いに越したことはありませんが、人が同じ時期にプレイするゲームはだいたい1~3個程度であるため、個人的にはあまり容量が多いものを買っても無駄になるのではと考えております。最近のゲームはアンインストールしてもデータが消えないクラウドセーブにも対応しておりますし、日本はネット回線も早いのでこまめにアンインストール/インストールをしてもストレスは感じないはずです。ここらへんは個人の好みや経済状況にもよります。

          >ところで、SSDを2つにする場合はメーカーを揃えた方がいいでしょうか?
          ふつうに増設するにあたってはメーカーを揃える必要はありません。サーバー管理者やパソコンウルトラ上級者などが増設をする際は複数の同じ記憶装置を繋いで安定性や速度を高めるというテクニックを使ったりしますが、そうでない場合はどんなメーカーの組み合わせでも大丈夫でしょう。
          パソコンのパーツの価格や評判が気になったのであれば、価格.comを見てみると良いでしょう。私がパーツの増設を考える時はたいてい価格.comで評判が良さげなものを選んでいます。

          >CCleanerの無料版は今回初めて入れてみましたが、これは大丈夫でしょうか?
          CCleanerは大丈夫です。私も昔はよく使っていました。

          • ふじた より:

            早速のご返信ありがとうございますm(__)m
            256増設で、よく調べながらデータの削除と移行を行っていきたいと思います。
            SSDはドットコムでの評判も上々ですし、サポートさんおすすめのもので依頼しようと思います。
            色々アドバイスありがとうございました!
            これからも拝読させていただきますので、またよろしくお願いいたします。