GTX1080搭載のBTOパソコン、ガレリアZG販売開始

ついに販売開始されましたね…伝説の最強モンスターグラフィックボード、GTX1080!

GTX Titanという超未来を見据えて作られたグラボよりも強力、なのに消費電力は少なくてかつ値段も半額という…いいことづくしのグラフィックボードです。

そしてさらに、このGTX1080を搭載したパソコンも販売開始されました。その名もガレリアZG!

今回はそのガレリアZGについてちょっと解説していきましょう。

ガレリアZGのスペック

ガレリアZGのスペックはこんな感じです。

ガレリアZG
kt_410
CPUIntel Core i7-7700k
グラボGeforce GTX1080
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:3TB
SSD:525GB
価格219,980円〜

CPUは現行最強レベル、メモリは2017年のAAAタイトルから標準になってくるであろう16GB、ストレージも3TBと250GB以上のSSDと、もはや文句のつけようがありません。

もちろんグラボは今最強、そして次の2年は最強であり続けるであろうGTX1080を搭載しています。

もしパソコンを買うかどうかずっと決めあぐねていて、どうせ買うなら20万以上出して今後2年以上ずっと使える最高級のパソコンが欲しいと思っていたのであれば…今しかありません。

というのもグラフィックボードというものはPCゲームの画質を決める時においてかな~り重要な役割を担っており、またグラフィックボードの新作というものはおおむね1~2年に1個しか出ないからです。

つまり、GTX1080が発売された今(2016年5月29日)GTX1080を搭載したパソコンを買えば、次の1~2年は「パソコン買ったけどすぐに新しいのが出て悲しい気持ちになった」という事が起こりえないわけですね。

よくパソコンを買うときは「今は買うな時期が悪い」とか言う人がいますが、グラフィックボードが発売された直後の今というのは逆に「今すぐ買え時期がいい」という状態なのです。

GTX1080のスペック

それでは実際にGTX1080がどれくらい強力なのか、数字で見ていきましょう。以下は3DMarkという有名なPC性能を試すツールを使った結果です。

Screenshot_35

1番上がGTX1080で、1番上の茶色いバーが低負荷テストの結果です。

その下にあるのはGTX TITAN Xという未来のPCゲームを見据えて作られ、去年発売された1枚17万以上するウルトラ超高スペックグラボです。なんとそのウルトラ高級グラボよりも1.2倍強力というスコアを叩き出しています。

さらにその下にあるのは去年の暮れに発売されたGTX980 TiというGTX980の強化版、さらに下にあるのがGTX980、一番下にあるのがGTX970ですね。

現行売りだされているどのグラフィックボードよりも強力な点数を叩き出しているのがわかりますね。今の所、これよりも強力なグラボは世界に存在しません。

もしGTX1080よりも強力なグラボを欲しい時は、GTX1080を3枚買って横に繋ぐくらいしかグラフィック性能を向上させる手段はないのです。

まあ…逆にいまGTX1080を買ってGTX1080・3枚差しにしなければ動かないゲームなんて恐らくは存在しないので、そんなことをする意味はありませんけどね。

VRにも最適

VR用のパソコンがほしいとつねづね考えている人もいるでしょう。GTX1080搭載パソコンはVRにも向いています。

VRゲームというのはなぜ重たいのかというと、右目と左目に対して別々の映像をレンダリングする必要があるからなんですね。

つまり、同じ映像を映すのでも2倍の能力を必要とするわけです。だからまだものすごくフォトリアリスティックなVRゲームというのは殆ど無いのです。

GTX1080は先述の通り、現行最強レベルのグラフィックボードである上に、来るVR・4K時代も視野に入れられて作っているため、Simultaneous Multi-ProjectionといったVR専用の技術が使われていたりします。

他の古いグラフィックボードと比べるとVRの時にのみ必要ない部分を削減して動作を軽くする機能だとか、レンダリングを2個同時にできるから早くなる機能だとかが付いていて…数値上ではGTX Titan Xよりも1.2倍ほど強力なだけなのに、VRで使うとさらに高速に扱えるようです。

もしOculus RiftやHTC ViveといったVRゲームが欲しくてそれ専用のパソコンの購入を考えているのであれば、絶対にGTX1080搭載のパソコンを買いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする