モンスターハンターワールド向けゲーミングPC

2018年で最も期待されているゲームとは何でしょうか。ファークライ5?Red Dead Redemption2?Death Stranding?いえいえ…あるでしょう?他にも…

日本人なら誰もがその名を聞いたことがある、日本では大人気だけどなぜか海外ではそこまで人気がない…あの伝説のゲームが…!

そう、モンスターハンターです!これまでモンスターハンターは勝ち馬こと任天堂のハードウェアに乗り、ナメクジのような処理性能しか持っていない3DSなどで細々と、かつ堅実に開発されてきました。

モンスターハンターファンは長年最新世代のハードウェア上、願わくばPCで最高クラスの画質でヌルヌル動くイャンクックを心いくまで討伐したいと訴え続けてきました。

そして…つい最近やっとPCゲームの存在に気づいたカプコンは、ついにモンスターハンターワールドをPCでリリースすることに決定したのです!

フルHD、もしかしたら4K画質で…しかも60FPSでぬるぬる動くモンスターを、高精細なモデル・テクスチャによって再現されたモンスターの肌に並ぶ鱗を、この目で拝める時が来るとは…!

今回はそんなモンスターハンターワールドが動かせるゲーミングPCについて解説していきましょう。

モンスターハンターワールドPC版のスペック

さっそくMHWPC版のスペックを見ていきましょう。

最小スペック

  • CPU: Intel® Core™ i5-4460, 3.20GHz or AMD FX™-6300以上
  • RAM: 8 GB RAM
    GPU: NVIDIA® GeForce® GTX 760 or AMD Radeon™ R7 260x(VRAM 2GB以上)
  • 追記事項: グラフィック「低」設定で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

推奨スペック

  • プロセッサー: Intel® Core™ i7 3770 3.4GHz or Intel® Core™ i3 8350 4GHz or AMD Ryzen™ 5 1500X
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: NVIDIA® GeForce® GTX 1060(VRAM 3GB) or AMD Radeon™ RX 570X (VRAM 4GB)
  • 追記事項: グラフィック設定「高」で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

というわけで最低限必要なグラボはGTX760、CPUはi5-4460程度となったようです。これはだいたい2013年のミドルクラスのPCのスペックなのですが…

追記事項によると、このスペックでやっとグラフィック設定「低」&フルHD&30FPSしか出せないようです。

…いったいPS4ではどんな設定で動かしていたのでしょうか。PS4とPCの比較の記事ではPS4は2012年くらいのPCくらいの性能と書きましたが、その2012年くらいのPCくらいのスペックを搭載しているPS4でもこの最低スペック表に照らし合わせると画質低・フルHD・30FPSは不可能という事になってしまいます。

まあ、PC版は他にもいろいろバックグラウンドで動いているのでそれも加味した表記の可能性もありますけどね。ただ、一方でPS4版のMHWのグラフィック設定は低である事も確定しましたね。

表記されている最低スペック、つまりGTX760とi5-4460ではPS4相当の画質でMHWがプレイできる可能性があると言っていいでしょう。つまり…最低スペックではMHWを楽しむには全然足りないと言うことがわかります。

PC版はフレームレート60出してなんぼですからね。フレームレートとはFPS(Frame per seconds)とも呼ばれ、1秒間に何回画面を更新しているか、すなわちどれだけなめらかに画像を表示できるかを表しています。

PC版では60FPS、PS4等コンソールでは30FPSが最低ラインと言われているのですが、このフレームレートが違うとどれほど見た目が変わるのかがひと目で分かる画像が以下となります。

おわかりいただけたでしょうか。60FPSがどれだけ重要かについて…PC版では60FPSが最低ラインと言われるその理由も自ずと知れるはずです。

そういうわけで、MHWのPC版を可能な限り安く遊びたい場合でも、この公式に発表されている最低スペックは信じないようにしましょう。

一方で推奨スペックはと言うと…i3 8350相当&GTX 1060(3GB版)相当が推奨となっています。これは…紛れもなく現代の、つまり2018年のミドルクラスのPCくらいの性能ですね。

いまどきAAAタイトルでもこんなにスペックを必要とするゲームありませんよ。日本発とは思えない意欲的なタイトルなのか、PUBGのように最適化が済んでいない低技術力からの不必要なスペック上昇なのかはわかりませんが…

さて、さらに驚くべきニュースとしては、i3 8350相当&GTX 1060(3GB版)は追記事項によると「フルHDで画質設定「高」で30FPSが出せる」レベルとされています。30FPS…?PCなのに…?

そう、既にかなり高い推奨スペックのPCを用意しても、高画質設定で30FPSしか出せないのです!つまり、PC版で最高画質&60FPSを出すには、推奨スペックを上回るものすごい性能のPCが必要になってくるのです。

おおむねわかりやすい漫画

そういうわけで、MHWのPC版をするためにPCを新調したいという人は、気持ち一回りか二回り強力なPCを手に入れないと満足出来ないこと間違いないでしょう。

また、この感じだと4K解像度で遊びたい場合はとてつもない処理性能を搭載したパソコンを手に入れるか、ゲームの設定を著しく落とす必要が出てきそうですね。

MHWPC版用おすすめパソコン

さっそくモンハンワールドPC版のおすすめパソコンを紹介していきましょう。

とりあえず遊びたいなら

予算はないがモンハンワールドが遊べるPCが欲しいという人にはこちら。

ガレリアDT
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i5-8500
グラボGeforce GTX1060 6GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
SSD:240GB
価格111,780円〜

ガレリアDTにはCPUにはi5-8500、GPUにはGTX1060 6GBが搭載されています。これは公式推奨スペック並のスペックなのですが…30FPSしか出せないらしいので問題外です。

一方で最低スペックは大幅に上回っているため、このパソコンなら最低画質で60FPSは確実に出せるはずです。PS4並の画質で60FPSを出せるのがこのパソコンというわけですね。もしかしたら中くらいの画質も行けるかもしれませんが、まだベンチマークが出ていないのでわかりません。

高画質で遊びたいなら

MHWの必要推奨スペックは非常に高く、高画質で30FPSを出すだけなのにGTX1060を要求しています。正直言って最高画質で60FPSを出すにはどれほど強力なパソコンが必要になってくるのかわかりませんが…

ガレリアZZ
kt_410
CPUIntel Core i7-8700k
グラボGeforce GTX1080 Ti
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:3TB
SSD:500GB
価格249,980円〜

おそらくこれなら問題ないでしょう。とはいえ、まだベンチマーク結果が出ていないのでわかりませんが…

ガレリアZZに搭載されているGTX1080Tiは一般人が使うレベルなら現行最強の処理性能を備えています。このグラフィックカードの性能は凄まじく、VRゲームをサクサク遊べるのはもちろん、BF1を4K画質で遊ぶことすら可能にしてしまいます。

それほど強力なグラフィックカードならMHWの最高設定をやすやすとプレイできそうという希望はありつつも、GTX1060で30FPSしか出せないという情報が正しかった場合、GTX1080Tiでも50FPS程度しか出せないのではという懸念もあります。

とはいえ、いまのところGTX1080Tiよりも強力なグラフィックカードはウルトラ法外な価格のものしか無いため、MHWのためにPCを新調する予定で、可能な限りスペックが高いもの…となるとこれしか選択肢はありません。

このパソコンならばMHWを4K画質で遊ぶことも可能になるでしょう。画質設定は低、フレームレートは60みたいな感じになるとは思われますが…

ここから下は私が2017年に予想していたモンハンPC版の情報となります。特に新しい情報はありませんので、読み飛ばすなりどれほど当たっているか確かめるなりしてください。

要スペックを考える

モンスターハンターワールドの必要スペックについては実は現時点では何もアナウンスされていません。

しかし、予想することは出来ます。予想に使えるポイントはこちら

  • PS4版とPC版のリリース日はそう変わらない
  • 使用ゲームエンジン

この2つを深く考察すれば、モンスターハンターワールドの必要推奨スペックや最低スペックなどがなんとなく分かってくるはずです。

PS4版とPC版のリリース日はそう変わらない

まず考えるべきはこちら。いま開発・販売されているゲームは、ほとんどすべてが例外なくコンソールゲームに足を引っ張られています。

おそらくやろうと思えばStar Citizenや古き良きCrysisのように見た人すべての度肝を抜くようなとてつもない画質のゲームを作ることは可能なはずですが、それをしないのはいま開発されているすべてのゲームはコンソールでも販売されることを前提しているからです。

コンソールに媚を売らずPCをメインターゲットに開発を続けているStar Citizen 静止画ではその凄まじいグラフィックは伝えられないので動画を見てみることを推奨

今となっては貧弱なスペックのPS4やXbox Oneでも動くようなゲームにしなくてはいけないので、その分必要スペックは落ちることになるわけですね。

Sponsored Link:

しかし、PS4版とPC版のリリース日が近いとなぜスペックの予想が容易になるのでしょうか?

例えばGTA5を思い出してみましょう。あのゲームはコンソール版とPC版で1年近くのリリース日の差がありました。その1年でGTA5はグラフィックやUIなどを洗礼させ、真の完全版として、必要推奨スペックもかなり引き上げた状態でリリースされました。

最近ではFF15が同じ手法を取っています。このゲームもコンソール版のリリースからかなり遅れてPC版が販売される予定ですが、必要推奨スペックはかなり引き上げられています。

PC版のリリース日はコンソール版のそれとは違ってくるようですが、PC版のリリースを予定しているが、近い未来でない場合はそもそもPCで出ると予告しないのでPS4版とPC版のリリース日はそこまで離れていないと考えていいでしょう。

PS4版とPC版のリリース日が近いと言う事は、そのような洗礼は特にしておらず、おおむねPS4版と同じくらいの画質でリリースされるということになります。その場合、必要推奨・最低スペックはそこまで高くならないと予想出来ます。

使用ゲームエンジン

モンスターハンターワールドの開発に使われているゲームエンジンはカプコンおなじみ「MT Framework」というエンジンです。カプコンで開発されているゲームの多くはこのMT Frameworkというエンジンを改良しながら作られています。

モンスターハンターワールドも例外ではなく、MT Frameworkを改造した「ワールドエンジン」なるものを使って開発されているようです。古いエンジンを改造して作っているゲームはいきなり必要スペックが大幅に上昇したりはしないので、ドラゴンズドグマやバイオハザード6の必要スペックを参考にし、それにちょっと色を付けたくらいが必要スペックになってくるはずと考えていいでしょう。

モンスターハンターワールドの必要推奨・最低スペック予想

モンハンワールドの必要スペック・最低スペックはずばりこんな感じでしょう。

必要推奨スペックの予想

  • CPU:i7-4700K
  • GPU:GTX1050 Ti
  • RAM:16GB

モンハンワールド開発チームがどれくらい本気出してMT Frameworkを改造したかによりますが、必要スペックは高くてこれくらいでしょう。

元々がCPUリソースをまあまあ必要とするオープンワールドのドラゴンズドグマのために改造されたゲームエンジンだけあって、必要CPUスペックは若干高めとなっています。もともとドラゴンズドグマの必要CPUもi7-4700Kなので、これより高くなることはあってもこれ以下になることはないでしょう。

グラフィックカードはGTX1050 TiかGTX1060で悩みましたが…グラフィックに関しては元がそんなに重たいゲームエンジンでないため、おそらくはGTX1050 Tiでなんとかなるでしょう。

社運を掛けた超大目玉タイトルなのでもしかしたらPC版への調節を頑張ってCPUは6700K、GPUはGTX1060くらいまで上げてくるかもしれませんが…そこら辺はまだ分かりません。

もし私の予想通りのスペックのが推奨スペックだった場合、これくらいのゲーミングPCは10万円前後で買えるはずです。構成によっては9万円台でも手に入るでしょう。

必要最低スペックの予想

  • CPU:i5-2500K
  • GPU:GTX560 Ti
  • RAM:8GB

ドラゴンズドグマ+αくらいのエンジンと予想した場合、必要最低スペックはかなり低くなるはずです。

そういうわけで必要最低スペックはこれくらいでしょう。もしこれが必要最低スペックとなった場合、5年前くらいの買ったパソコンでも普通にプレイ出来る事になります。

あまりにも低すぎて普通に買おうと思ったらヤフオクやメルカリで中古を探してくる必要が出てくるレベルのスペックの低さです。あまりのスペックの低さに新品でこれくらいのスペックのパソコンを買うのは自作パーツ集めをしない限りは不可能と言っていいでしょう。

メルカリとかで探せばおそらく3万円くらいで買えるはずです。中古PCはぜったい辞めたほうがいいですが、どうしてもPCでモンハンワールドをやりたいならそうやって手に入れるというやり方もあります。

ぶっちゃけ3万で中古PC買うくらいならPS4買った方がいいと思いますけどね。

どちらも予想に過ぎませんが、モンスターハンターワールドはおそらくは見た目の綺麗さや一見したできの良さに反してPC版の必要スペックはそこまで高くならないでしょう。

PC版のリリース日がまだ発表されていないので、もしかしたらもしかするとカプコンの目玉ゲームという事でここから1年さらに開発し、GTA5のようにグラフィック等を洗礼し、史上最強のモンハンを出してくるという可能性もありますが…その可能性は低いでしょう。カプコンですし。

ところで、今回のスペック予想は全部推測の域を出ていないので、この情報を元にゲーミングPCを買ったりするのはやめましょう。ちゃんとした情報がでたら追記するまで乞うご期待。

そもそもPC版が日本で出るのか?おま国なのでは問題

ここまでこの問題を考えないようにこの記事を書いてきましたが、モンスターハンターワールドには残念ながらこの問題があります。

モンスターハンターワールドはなぜか日本に向けての販売予告がなされていません。

英語版の公式サイトだとPS4、Xbox ONE、そしてPC版のリリースが予定されていると書かれていますが…

日本語版の公式サイトではPS4版しか予告されていません。

さらに、プレスリリースではもっと残酷なことが書かれています。

  • PlayStation®4:全世界:2018年1月26日(金曜日)
  • Xbox One:北米・欧州:2018年1月26日(金曜日)
  • PC:北米・欧州:発売日は後日発表

PS4は全世界、Xbox OneとPCは北米と欧州のみと書かれています。

このことから、モンスターハンターワールドPC版は日本では発売されないのでは?という噂が飛び交っています。

確かに、カプコンと言えばおそらくは日本で初めておま国・おま値という概念を日本にもたらした最初の悪人、エデンの園の蛇のような存在です。カプコンは古くよりおま国に積極的であり、意味もなく多数の罪もないゲームをおま国にしてきました。

最近ではバイオハザードのおま国をせず、全世界同時発売するなど若干改心したかと思われていましたが…これまでのカプコンの悪行の数々を思い返すとやはりおま国なのではと思わずにはいられません。

日本のモンスターハンターフロンティアや、中国のモンスターハンターオンラインに配慮して日本を含むアジアではPC版のリリースを見送ったという可能性もあります。

一縷の望み

おそらくはおま国確定のモンスターハンターワールドですが、まだ望みはあります。それは…ドラゴンズドグマの存在です。

ドラゴンズドグマ:ダークアリズンはPCでプレイ可能なPC版ドラゴンズドグマなのですが、このゲームは発売されてから長らくおま国状態でした。日本語が入っているのにもかかわらずおま国だったので、このゲームがSteamに並んだ時はちょっと荒れた事を覚えています。

ただ、カプコンはSteam黎明期からおま国に積極的ではあったものの、海外版のキーを入れれば普通にアクティベート出来るゲームが多く、本当の本当にほしければ海外サイトでキーだけを買ってきてアクティベートする事はほとんどの場合可能でした。

なので、もしかしたら万が一モンスターハンターワールドがおま国であったとしても、GMGやGamesplanet、もしくはG2Aのようなサイトでキーだけを手に入れて来れば普通にプレイできる可能性は高いと言えるでしょう。

ただ、Remember Meのように起動にもVPNを通さなくちゃいけないという「お前には絶対に簡単にプレイさせないの呪い」を掛けることは技術的には可能ですし、実際にカプコンはそれをしたことがあるので油断は禁物です。

まだ何のアナウンスも、Steam公式ページすらも出来ていないので何とも言えませんが…ゲーミングPCを持っているのに今更PS4なんかでゲームをするなんて馬鹿馬鹿しいので、キーを直接購入してのアクティベーションについては覚えておくと良いでしょう。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    ありがとなオッさん。
    概ね理解したわ。