Fallout4が動くゲーミングPCが欲しいなら

ついに発表されましたね、Fallout 4!オブリビオン・スカイリム・Falloutシリーズ、あとBrinkで有名なのベセスダ・ソフトワークスが送る最新作Fallout 4。

前作のファンタジー一色のスカイリムとくらべて今作では「1950年くらいの人間が思い描いていた原子力で全てのエネルギーが賄えている世界で、核戦争が起きて世界が滅んだ未来」が舞台となっています。

鉄腕アトムやドラえもんは動くためのエネルギーとして原子力を使っています。体に原発を積んだ状態で歩きまわって戦闘しているというのは今考えると正気の沙汰ではないのですが、当時は原子力は夢の最強エネルギーと考えられていました。

1950年代くらいの人間は原子力みたいな物凄いエネルギーを持つ発電方法は多分未来ではロボットや車といった人間の使う機械にも搭載されてそうだな〜と思っていたわけです。Fallout 3では原子力カーの残骸を何個も見ることが出来ます。

ちなみにこういう世界観の事をレトロフューチャーと言うらしいので、特に雰囲気が好きな人は是非調べてみましょう。

その過去の人が思い描いた未来にて核戦争が起き、核シェルターに避難せざるを得なくなった主人公が何らかの理由で核シェルターから出てなんかする…というのがFallout4のストーリーです。正直言って2015年6月現在ではトレイラーしか明らかになっていないのでそれくらいしか分かっていません。

さてその超ウルトラ話題作ですが、これが動くゲーミングPCを買うならどれがいいのでしょうか?

追記:Fallout4のスペック効果来ました!

詳細なスペックはまだ不明、だが…

正直なことを申し上げると、Fallout4の推奨スペックはいまだに発表されていません。

そのため、Fallout4がどれくらいのパソコンなら動くと言う目安も分かっていません。

今のところ分かっているのはFallout4はオブリビオンと同じGamebryo(Creation)エンジンをある程度使っていると言う事です。

Sponsored Link:

オブリビオン、スカイリム、Fallout3、Fallout:NVのどれかをやったことがある人ならわかると思いますが、これらのシリーズはとにかく軽いことで有名です。家から外へ、外から家へ、もしくはファストトラベルする際に他のゲームと比べてあまりロード時間を感じなかったはずです。

PCでこれらのゲームをやったことがあるのならば、自分のPCで思った以上にキレイにゲームを高FPSで動かせたことを覚えているはずです。

そう…ベセスダがオブリビオン系ゲームを作るのに使っているGamebryo系列のゲームエンジンはとにかく軽いので、Fallout4も恐らく同じようにとにかく軽くて早くなると言う事が考えられます。

私の考えではLoLが動くくらいのPCでもFallout4は普通に動かせるのではないかと思っております。

専用グラフィックカードも出るかも

アメリカでは大作ゲームが出る場合、グラフィックカードとゲームの抱き合わせ販売が行われることがあります。

例えばGTA5が発売される時はAMDのR8シリーズを買うとGTA5が付いてくるというキャンペーンをやっていましたし、The Witcher 3もNvidiaのGTX900シリーズを買うとウィッチャー3付いてくるというキャンペーンをやっていました。

恐らくFallout4の発売に合わせても同じようにセット販売のグラフィックカードが出るはずです。もしFallout 4に併せてグラフィックカードを買う予定なのであれば、そのグラフィックカードを買えば間違いないでしょう。

新しいグラフィックカードも出るかも

また…Fallout 4の発売日は2015年11月10日ですが、11月となると新しいグラフィックボードが出ていてもおかしく有りません。

Nvidiaでは現在最も新しいGTX900番台が販売開始されたのが2015年1月なので、2015年11月には新しいグラフィックボードが発売して10か月後となります。Nvidiaはおおむね1年に1個新しいグラフィックボードのを出すので、Fallout 4にあわせてゲーミングPCを買うのであればとりあえずCPU・メモリはいいものを使っているのにグラフィックボードだけGTX760くらいにした安いゲーミングPCを購入し、2016年の1月かそこらへんに出るはずの新しいグラフィックボードに自分で換装してもいいかもしれません。

Fallout4の最小動作設定などは発表され次第ここのブログでも紹介していくので、これからの情報をお待ちください。

シェアする

フォローする