ゲーミングPCの中古ってどうなの?

ゲーミングPCは欲しいが、お金がないから出来る限り安く仕上げたい!

そうだ…中古で買ったら激安なんじゃあないだろうか?という考えに至る人は少なくないかと思われます。

実際問題ゲーミングPCの中古ってどうなのでしょうか?今回はそんな疑問にお答えしていきます。

ゲーミングPCの中古は危険

いきなり結論をいいますが、ゲーミングPCの中古は危険です。

確かに、ヤフオク、楽天、もしくは中古ゲーミングPCサイトやジモティーやメルカリなどではそれなりにいいスペックのパソコンを安く手に入れることが出来るかもしれません。

しかし、安かろう悪かろうの原則により、中古で安くパソコンを手に入れようとすると死ぬほど後悔する未来がまっている可能性もあります。

その理由を順番に解説していきましょう。

1.パソコンの知識がないと危険

まず中古PCを買いたいのであれば、パソコンの知識がなければ危険です。

GT9800という型番を見て、いつごろに発売されたグラフィックカードで、どれくらいの性能を持っているか分かりますでしょうか。GTX1080とどちらの方が高性能化お分かりでしょうか。

メモリ2ギガというのは多いか少ないのか分かりますでしょうか?64Bitと32BitのOSでは何が違うのでしょうか?Core i7とi5ではどちらの方が性能が高いか?

このような情報が頭に入っていなければ、中古パソコンを買うのは結構危険です。

GT9800というのは2008年ごろにリリースされたグラフィックカードです。つまり2016年現在、今から約8年程前に売られていたビデオカードであります。

一方、現状存在する中で一番強力であるGTX1080は数ヶ月前に発売されたばかりの超強力グラフィックカードです。

GT9800とGTX1080と型番を並べてみると両方共なんとなく強力そうな名称を持っていますが、この二つのグラフィックカードにはリアルに10倍以上の性能差があります。

パソコンの性能というものはムーアの法則で予言されている通り、2年で2倍という速度で向上しているため、単純計算で8年前に売られていたグラフィックカードというのは今のグラフィックカードと比べると16分の1ほどの能力しか有りません!!

780px-Moores_law.svg

実際にこれらのグラフィックカードのベンチマークのスコアを比べてみましょう。

今回はGT9800と名前がよく似ているGTX980と比較してみます。

Passmarkというパソコンの処理速度を測るソフトウェアによると、GTX980とGT9800ではどれくらいの差があるかというと…

GeForce GTX 980:9,749点
GeForce GT 9800:472点

なんと20.6倍も差が付いています!2016年の最新ゲーミングPCと比べると、8年前の高級グラフィックカードなんでカスみたいなものなのです。

なので、中古ゲーミングPCを買う際はこのようにグラフィックカードのリサーチ能力、そしてグラフィックカードの型番にたいするある程度の知識が必要になってきます。

果たしてこの中古ゲーミングPCに付いているグラフィックカードはどれくらいの処理能力を持っているのか?今現在のものと比べるとどうなのか?

このような情報が頭に入っていなければ、値段の割に古くてショボイパソコンを掴まされてしまうでしょう。

他にもCPUも進化のスピードが著しく、同じCore i5でも全然性能が違ったりします。

例えば…

1: Intel Core i5-6500 @ 3.20GHz
2: Intel Core i5 750S @ 2.40GHz
3: Intel Core i7-620UM @ 1.07GHz

どれがどれくらい性能が高いかおわかりでしょうか。

1番はなんか数字が多いけど、2番は7◯◯台だしSがついてる…でも3番はcore i7だから凄そう…?詳しくない人ならこんな感じで考えるはずです。

それでは答え合わせを致しましょう。CPUMarkによる上記のCPUのベンチマーク結果は以下の通りです。

1: Intel Core i5-6500 @ 3.20GHz:7047点
2: Intel Core i5 750S @ 2.40GHz:2197点
3: Intel Core i7-620UM @ 1.07GHz:1239点

なんとダントツで1番が1位となっています。それもそのはず、1番のCPUは2015年、2番のCPUは2012年、3番のCPUは2010年に発売されているのです。

ここでも同じく2年で性能が2倍になるというムーアの法則が働いているわけですね。

古いパソコンは100%性能が悪いわけです!

こう書いてしまうと横暴な感じがしますが…おおむね正しいので覚えておきましょう。特に激安価格の中古ゲーミングPCは要注意です。パソコンに詳しくない人をカモにしたいのか、たまに平気で5年前くらいのパソコンを売っていたりしますからね…

最新のパソコンパーツ事情に詳しくないのであれば、中古ゲーミングPCは辞めましょう。

2.パソコンのパーツの寿命は短い

パソコンパーツの寿命はみんなが思っているほど長くは有りません。

2年で性能が2倍になっていく業界ですからね。長く見積もってもパソコンのパーツの寿命は6〜8年、最新のゲームをストレス無く遊んでいきたいのであれば2〜4年毎にパーツを取り替えていく必要があるわけです。

これはプレイステーションがおおむね6年毎に発売されていることを考えるとしっくりきますね。

ただ、パソコンのパーツは物理的な寿命もそんなに長く有りません。特にハードディスクは劣化に対する影響が顕著で、古いハードディスクなんかはとんでもなく遅くなっていたりします。

ある会社が独自に自社で使っているハードディスクの寿命を調べた所、4年で20%のハードディスクが動かなくなってしまったそうです。生存率8割と考えると多く感じますが、4年で2割が死滅するなら5年、6年したらどうなるかは想像に難くないでしょう。

中古ゲーミングパソコンを買う際、そのパソコンのハードディスクがいつから使われているのかを確認できないと、本当にツライ思いをする可能性があります。

CPUやメモリ、グラフィックカードが進化した今、本当にパソコンのレスポンス速度を左右しているのはハードディスクであり、これが劣化により遅くなっていたりするともはやストレスしか溜まりません。

詳しい人なら中古ゲーミングPCを買ってもハードディスクだけは換装し、自分でOSを入れたりできますが…そうでないならやはり手を出すべきではないでしょう。

Sponsored Link:

詳しくないならBTOで買おう

ゲーミングPCは欲しいが、パソコンには詳しくないという人には中古ゲーミングPCは危険すぎます。

10年前のグラフィックカードを積んだパソコンが中古ゲーミングPCとして5万円くらいで売られていたりするので、中古ゲーミングパソコン業界は本当に危険なところです。BTOサイトなら5万円出せば20倍以上の性能のパソコンが買えますからね。

BTOサイト最大手のドスパラなんかいいでしょう。 

ドスパラ、もしくはG-tuneのようなサイトでは、パソコンに詳しくなくても常に最新のグラフィックカードとCPUを積んだパソコンを正しい値段で販売しています。

パソコンが万が一壊れた時も手厚い修理サービスでサポートしてくれるので、あまり詳しくない人でも安心です。

パソコンにメチャクチャ詳しくて自分がなにをやっているのか分かる場合のみ、中古ゲーミングPCに手を出すことにしましょう。

それでも中古で買うなら

それでも中古で買いたい人のために、中古PCを買うときに抑えておくべきポイントを書いていきましょう。

1.型番が全て書かれているか見る

まず最初に気にするべきはココです。ゲーミングPCを売っている人が説明欄にパーツの型番を全て書いているかを確認しましょう。

もし「Core i7です!!!」とか「GTX900番です!!」とだけ書かれていた場合、その売り手は1000%地雷です。上でも書いたように、Core i7だからといって強力、GTX900番だからといって強力ということは特に無いからです。

というかタイトルにCorei7ですとかXeonですとかだけ書いている場合、パソコンにあんまり詳しくないカモを釣るためにあえてそこしか書いていない可能性があるので注意しましょう。

説明文か添付画像に

  • CPU:Core i7 :Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz
  • GPU:Geforce GTX970
  • RAM:DDR4 8GB

といった感じでちゃんとかかれているか、もしくは購入時のパーツ一覧画像みたいなのが添付されていない限りその売り手は信用しないようにしましょう。

2.同じくらいの性能のパソコンが無いか調べる

ぼんやりと良さげで予算内のPCが見つかったら、次は新品で同じくらいの性能のパソコンが無いかを調べましょう。

人によってはBTOサイトで買ってすぐ何らかの理由により1万円引きくらいでまた売りに出している人がいるので、もしかしたら同じ型、もしくは同じような構成のパソコンがBTOサイトに普通にある可能性があります。

良さげなPCが見つかったらドスパラなどに行き、同じグラフィックカードを搭載しているパソコンがどれくらいの値段で売られているかを確認しましょう。

同じくらいのパソコンが同じくらいの値段で売られているのなら絶対新品の方がいいですからね…

3.スペックを調べる

良さげなPCが見つかったら今度は具体的なスペックを調べていきましょう。

グラフィックカードを調べる

グラフィックカードのベンチマークスコアリストを参考に、その良さげなPCについているグラフィックカードがどれくらいの性能を持っているかを見ていきましょう。

上のサイトは当サイトがよく参考しているグラフィックカードのスコアをリスト化しているサイトです。このサイトでCtrl+Fを押すことにより検索画面を出して、良さげな中古PCが搭載しているグラフィックカードの型番を入れ、どれくらいのスコアを出しているのか調べましょう。

個人的にはGeForce GTX 750 Tiの3,693点あたりがギリギリ最低ラインだと考えています。もし見つけた良さげな中古PCが搭載しているグラフィックカードが、上のサイトで調べて3,693点を下回っているのであれば購入は見送りましょう。

そもそもGTX750 Tiで最新のゲームを設定を結構おとしてやっと遊べる程度ですので、それを下回った場合ゲームがプレイできないという可能性すら出てきます。なのでここだけは絶対に譲らないようにしましょう。

CPUも調べる

CPUのベンチマークスコアのリストもありますので、グラフィックカードが良さげであった場合、一応CPUも調べておきましょう。

ただ、いいグラフィックカードを積んでいるのにいいCPUを積んでいないというシチュエーションはほとんどないと思うので、グラフィックカードが問題ないのであればCPUも問題ないことがほとんどでしょう。

逆に仕事の関係上か何かでCPUだけはたいそう立派なものを搭載しているのに、グラフィックカードはとてつもなくショボいという場合もたまにあるので、先にCPUを見てパソコンを選んでいた人は注意が必要です。

ただ、CPUは立派でグラフィックカードはショボいというパソコンを見つけた場合は自分でグラフィックカードを増設するという手もあります。GTX1050Tiなんかは単体で買うと15,000円くらいなので、安くてCPUが強力なパソコンを見つけた場合自分で強化するというのも手でしょう。

パソコンのグラフィックカード増設というのは文字だけ見るとものすごく難しそうに見えますが、実はスマホにイヤホンを刺すのと同じくらいの感覚で簡単にできてしまうのでチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

これだけ確認したらあとは値段を見て買うかどうか決めましょう。

中古PCは可能な限りオススメできませんが、知識があればかなりお得にゲーミングPCを手に入れることが出来る手段でもあります。

個人的には定期的に確認して明らかに格安なものが出てた場合にのみパーツ取り用に利用するのが1番だとは思っているのですが、どうしても安くいいパソコンを中古で欲しい人はちゃんとスペックを確認して、7回くらい深呼吸したあとにもう一度BTOサイトで値段を比べ、また12回くらい深呼吸したあとに購入するか決めたほうがいいでしょう。

シェアする

フォローする