ゲーミングPCとニンテンドースイッチの比較

ゲームのラインナップがほぼ95%被っているPS4に比べて、独自のゲームとユニークなコントローラーを持ち出して来たるゲーミングパソコン一強時代との戦いを避けたNintendo Switch…

同じゲームがよりよい画質&安い価格で遊べるのなら、普通に考えてPCの方に人が流れていくのは自明の理なので、完全独自路線を貫く任天堂はやっぱり賢いといえるでしょう。

でもやっぱりPC王国民として気になってしまうのはニンテンドースイッチのその性能…若き日のプッチ神父のように、比べるものを持っていたらその強さを比べてみたくなってしまうのは人間の性と言えるでしょう。

そういうわけで今回はゲーミングPCとニンテンドースイッチの性能差について解説していきましょう。ちなみにPCとPS4を比較した記事もよろしくおねがいします。

PCとニンテンドースイッチのスペック比較

まずはニンテンドースイッチの性能を調べる所から始めましょう。ゼルダBotWのようなきれいなオープンワールドゲームをおおむね常に60FPSで動かせるのですからそれなりのスペックは持ち合わせているはずです。

まずはニンテンドースイッチのスペックがどれくらいなのかを見ていきましょう。

  • CPU:Tegra X1
  • GPU:Tegra X1
  • RAM:4GB

若干おかしく見えるかもしれませんが、NvidiaのTegraX1はCPUでもありグラフィックカードでもある世にも珍しいチップセットなんですね。AMDもだいぶ昔から作ってましたけど。

基本的にこれはスマホや車の自動運転機能といった消費電力は抑えたいが強力な処理性能が必要な機器に搭載されるものなんですね。ニンテンドースイッチは持ち運んでプレイ出来るのがコンセプトの1つになっているので、それを達成するためにも消費電力の高すぎる強力なパーツは搭載しなかったようです。

しかしいきなりTegraX1なんて言われても実際どれくらいの性能なのかよく分かりません。例によってNvidiaのデスクトップ用のグラボではどれくらいのグラボくらいの性能なのか調べてみましょう。

このサイトによるとTegraX1はGeforce920Mというノートパソコン用のグラボよりもちょっと性能が低いくらいの処理速度を持っているようです。

そして…こちらのサイトによるとGeforce920MはGeForce GT 730に近い性能を持っているようです。

つまり、TegraX1はGeForce GT730よりちょっと性能が弱いくらいのグラボ(チップセット)という事になります。

なんかパンドラの箱を開いてしまったような気がしますね。さて、そんなGeForce GT730と、中くらいの性能のゲーミングPCに搭載されているGTX1060と、特に深い意味はないけれどPS4に搭載されているグラボくらいの性能を持ったHD 7870を比較してみましょう。

Sponsored Link:
  • GT730 (スイッチ):924点
  • HD7870(PS4):4,339点
  • GTX1060(PC):8,599点

何ということでしょう…ニンテンドースイッチはPCの0.107倍、PS4の0.212倍くらいの性能しか持ち合わせていない事が発覚してしまいました。逆にこんな性能でよくこんなに綺麗にゼルダの描写できますね。

とはいえGT730もスカイリムをフルHD×最高画質で60FPS出せるくらいの性能は持ち合わせているので、任天堂のとてつもない努力と最適化の技術あっての成果なのでしょう。

直接比べるものではない

こんな記事を書いて数字まで出しておいてこういうのも何ですが、正直PC vs PS4と違ってニンテンドースイッチはPCや他のハードと比べるものではないのではないかと思えてきました。

PCとPS4の場合、独占ソフトの数が少なく違うハード上で同じゲームが遊べるため正面からスペックで殴り合うような比較が正しいと思うのですが、ニンテンドースイッチの逆に開き直ったようなスペックの低さからは何か別の意思を感じます。

もしかしたら任天堂はもうPS4やPCと戦うのを完全に諦めて、スマホやタブレットと競争していく道を選んだのかもしれません。確かにPS4やXboxで遊べるゲームやPCでも遊べる上、PCの人気が年々上がっているとなると、今からここに参入してもPCにパイを奪われ続けるだけであまり美味しい思いは出来ないでしょう。

アメリカではPCそコンシューマー機の所持率が逆転している

一方でスマホやタブレットで遊べるゲームは基本的に全部質のいいものではなく、もし任天堂のゲームによって本当に面白いゲームにスマホユーザーが気づいた時にはごっそりとユーザーを引っ張ってこれる可能性があります。

しかし任天堂がここまで携帯性に重きをおいたコンシューマー機を出してきたと言うことはもう3DSの次の携帯ゲームは出ないということなのでしょうか?もしかしたらスマホ&タブレットとの戦いに身を投じたのではなく携帯ゲーム機の世界征服を狙っているのかも?

もう全然分かりませんね。とりあえず任天堂にはスイッチの増産をもっとしてほしいです。

シェアする

フォローする