GTX1060搭載おすすめゲーミングPC

5,ついに販売開始されましたね。GTX1060搭載のゲーミングPC!

この前あたらしいTITANXも発表されたので、1000番代の次世代グラフィックカードはだいたい全部揃ったような気がします。

そこで今回はGTX1060が搭載されているおすすめゲーミングPCについて解説していきます。

GTX1060の性能

まずはGTX1060の性能から見ていきましょう。

  • GTX1080:12,809点
  • GTX1070:11,704点
  • GTX980Ti:11,357点
  • GTX980:9,748点
  • GTX1060:9,051点
  • GTX970:8,661点
  • GTX960:5,918点

性能的にはGTX980未満、970以上と言った所でしょうか。このように並べてみると最新のグラフィックカードのわりにあんまり大したことがないようにも見えますが…

実際にどれくらいのFPSが出るのか、スコアの近いGTX970ではどのゲームでどれくらいのFPSが出ていたのかの表がありましたので見てみましょう。

geforce-gtx-970-1920x1080-high-aa-performance

最高設定でバトルフィールド4が80FPS、バイオショックインフィニットが105FPSといったら結構なものではないでしょうか。

GTX1060はそのGTX970よりも高性能ですので、実際はさらに高いFPSを期待できます。

GTX1060があれば出来ること

GTX970以上の能力とくれば、GTX1060があれば出来ることというよりもむしろ、GTX1060で出来ないことを探す方が難しいかと思われます。

この能力だと恐らく超最新のAAAゲームを最高設定で遊んだり、4K解像度でゲームをあそんだりするには若干力不足だとは思われますが、超最新のAAAゲームを高設定で遊んだり、若干古いゲームを最高設定で遊んだりするくらいならバンバン出来るはずです。

また、バトルフィールド1みたいなゲームも恐らく高設定くらいで遊べるのではないでしょうか。

3090602-vcvvxwm

GTX1080で高解像度・最高設定で60FPS以上を出せていたことを考えると、もしかしたら最高設定で遊べるかもしれません。

他にはマインクラフトの影MODや工業MOD、GTA5、Fallout4、そしてLoLのような今でもずっと人気のゲームなんかはまず間違いなくかなりの高設定で遊べるでしょう。

GTX1060の評価

この性能と価格を見る限りでは、GTX1060はやはり「やっぱり60番代くらいの能力しか無いけどこれまでの60番代と比べると意外と強力 質は捨てて安さを求めてGTX1060を買っても意外と強力でびっくりするグラフィックカード」って感じがしますね。

意外と高パフォーマンス、しかしやっぱり60番代程度の能力…だけどやっぱり値段は60番代って感じです。

GTX1060はこれまで通り、ゲーミングPCに安さを求める人のためのグラフィックカードとなるでしょう。しかしこれまでの60番代と違って、安いわりにはかなりパフォーマンスを期待できるはずです。

3GBか6GBか

GTX1060には6GB版と3GB版の2つのバージョンが存在します。それぞれはおおむね5000〜1万円ほどの価格差がありますが、どちらのほうがいいのでしょうか?

3GB・6GBというのはビデオメモリ量の事を指しています。これはまあ多ければ多いほどいいのですが、1万円多く出すほどの価値があるのかというと…無いです。

厳密には無いことはないが、殆どの人にとっては無いと言ったほうが正しいかもしれません。

ビデオメモリというのは基本的にはテクスチャを表示するために使われます。このビデオメモリが多ければ多いほどテクスチャを綺麗にすることが出来るわけです。

トゥームレイダーのテクスチャ:Very HighとLowで比較 右がVH

トゥームレイダーのテクスチャ:Very HighとHighで比較 右がVH

ただ、正直言ってテクスチャを綺麗にしても劇的に見た目が変わるわけではないので個人的にはテクスチャのために6GB版を買うのは若干オススメできません。

一方でグラフィックMODの中にはテクスチャをかなりきれいなものに入れ替える物もあるので、Fallout4やスカイリムなどでグラフィックMODを積極的に入れていきたい人はあえて6GB版を選ぶのはありかもしれません。

しかし別にこだわりがなかったりグラフィックMODを入れる気もない人は安い3GB版でいいでしょう。

GTX1060は3GB版か6GB版かどちらを選ぶべきかという問題については単独の記事もあるので、そちらも御覧ください。

GTX1050か1060か

コスパを追い求める人にとってパソコンの値段というものは重要です。基本的には安ければ安いほどコスパがいいのですが、安すぎると性能もそれにともなって落ちてしまいます。

安さを追い求めるならばGTX1050もしくは1050tiを選ぶという選択肢もありますが…どうしても性能がかなり犠牲になってしまいます。

GTX1050のパソコンなら9万円台で変えますが、1060の場合10万円代になります。ギリギリの予算でゲーミングPCを買いたい人にとって1万円というのは命よりもはるかに重いものであるため、悩む気持ちはよくわかります。

しかし…個人的には可能ならGTX1060を買って欲しいと考えています。やはり1050と1060ではかなりの性能差があるため、GTX1050だとせっかくゲーミングPCを買っても最新ゲームをそれなりの画質設定で遊ぶことはできません。

一方で1060の場合高性能ではないものの、それなりの処理性能を持っているため最新ゲームを中の上くらいの設定で遊ぶことが可能です。

数字で比べるとGTX1060は8,513点、1050Tiは5,856点と約45%ほどの差があります。グラフィックカード業界で45%の差というとイエス・キリストとヒトラーの靴についたガムの中の微生物くらいは違うということになるので、これはかなりの差と言っていいでしょう。

なのでよっっっぽどお金がなくてギリギリの予算しかない場合は1050でもいいかもしれませんが…頑張ればプラス1万くらいなんとかなるのならば1060を選びましょう。

GTX1060搭載おすすめゲーミングPC

GTX1060が搭載されているおすすめゲーミングPCはこちらです。

ガレリアDT
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i5-6500
グラボGeforce GTX1060 3GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
SSD:250GB
価格106,980円〜

このガレリアDTはGTX1060が搭載されて約10.7万円と、かなりお手頃な価格となっています。CPUもGTX1060の足を引っ張らないくらいは強力で、且つ安いi5-6500を搭載しており、全体的に「GTX1060があれば何でもいい」という考えを持っている人のための構成になっています。

CPUがGTX1060とマッチさせるくらいがちょうどいい程度の性能であるため、今後自分でグラフィックカードの換装をする予定がある人にとってはCPUが若干弱すぎるかもしれませんが…

後でパソコンを改造する予定なんてさらさらない人にとってはこれで十二分でしょう。

予算がどれくらいになるかわからないのでもう1ランク上のGTX1070が搭載されているパソコンも一応見ておきたいという人にはこれもおすすめです。

ガレリアDF
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i5-7500
グラボGeforce GTX1070
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージSSD 250GB
HDD 1TB
価格137,980円〜

ガレリアDFはガレリアDTよりも約3万円程度高い値段が設定されていますが、代わりにGTX1070が搭載されています。

ここでもう一度あの表を見てみましょう。

  • GTX1080:12,809点
  • GTX1070:11,704点
  • GTX1060:9,051点

GTX1060が9,051点なのに比べて、GTX1070は11,704点です。約2,600点、30%ほどの違いですが、グラフィックカード業界において30%の違いはコイキングとギャラドス…いえ、レオナルド・ダ・ビンチとアメーバくらいの違いであるので、かなりの差と言えるでしょう。

単純計算でGTX1070で60FPSが出せるゲームではGTX1060なら42しか出せないわけですからね。かなり大きな違いと言って間違いないでしょう。

どうせ13万のゲーミングPCを買うのであれば、15万出して3割強力なゲーミングPCを買ったほうが長い目で見るとお得だと個人的には考えています。

もちろんおさいふ事情があると思うので強くはいいませんが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする