フォートナイトの必要スペックとおすすめゲーミングPC

Heroes of Newearthというゲームをご存知でしょうか。これは今となっては宇宙で一番人気ゲームであるリーグ・オブ・レジェンドと一時期その王座を掛けて争っていた伝説のゲームです。

この2つのゲームは同じゲームジャンルであり、同時期にサービスが開始されたのにもかかわらず…方や宇宙ナンバーワンゲームとなり、方やお笑い番組の前説芸人よりも無名な存在となり下がってしまいました。

いったい何が雌雄を決したのでしょうか?ゲーム性やグラフィックの差もありますが、やはり1番言われているのはLoLは基本無料ゲームとして始まり、HoNは有料ゲームとして始まったという点です。

基本無料ゲームというのはやはり必要スペックも低めであり、何よりプレイするのにお金がいらない事から人口を増やしやすい事もあり、5 vs 5で合計10人分も腕前が近い人を集める必要があるようなゲームでは基本無料ゲームの方が相性が良かったのかもしれません。

この2つのゲームがその後どうなったのかはLoLは知っていてもHoNは知らない人の数を見れば一目瞭然ですね。

さて、そんなゲーム史の踏んではならない轍を思い出さずにはいられないゲームが今2つ存在しています。それは…PUBGとフォートナイトです。

そう…この2つは全く同じジャンルのゲームでありながら、PUBGはリアル寄りで有料ゲーム、フォートナイトはコミカルで基本無料ゲームとなっています。つまり、この2つのゲームはあの伝説のゲームたちとほとんど同じような境遇にあるのです。

今回はそんな近代ゲーム史がどうしても頭をよぎる、フォートナイトの紹介です。所でPvEモードどうなったんでしょうね。

フォートナイトの必要スペック

フォートナイトPC版の必要スペックは公式Wikiによると以下の通りとなっています。

パーツ 必要最小スペック 推奨スペック
CPU Core i3 2.4Ghz Core i5 2.8Ghz
RAM 4GB 8GB
グラフィック Intel HD 4000 Nvidia GT 660 or AMD Radeon HD 7870 相当 DX11
VRAM 2GB
OS Windows 7/8/10 64-bit or Mac OSX Sierra Windows 7/8/10 64-bit
空き容量 15GB 20GB

最小スペックも推奨スペックもかなり低めですね。PUBGなんかは新興スタジオによるゲームでしたので、最適化がうまく行っていないなどの理由によりGTX1080TiよりもGTX1080の方がFPSが出せた事を考えるとなおさらです。

フォートナイトは必要最小スペックがかなり低めに抑えられています。なかなか画質の高いゲームを作りながらも、必要最小スペックを可能な限り低めに抑えるというのはかなりの技術力が必要なのですが…

それもそのはず、フォートナイトを作っているのはあの超一流企業であるエピックです。アンリアルトーナメントやギアーズ・オブ・ウォーといった超有名ゲームや、アンリアルエンジンという超有能ゲームエンジンを作っている会社ですね。

アンリアルトーナメントはかのキーボードクラッシャーが遊んでいたゲーム

PUBG社とエピックは経験や実績で例えるならハドソンと任天堂、5円チョコとコシヒカリくらいの差があるといって良いでしょう。そんな技術力が高い会社がちゃんと作った結果、おおむねどんなPCでも動くようなゲームが出来上がったわけですね。

もっと細かく見ていきましょう。

最小スペック

まず必要最小スペックですが、これはも~~~~びっくりするくらい低いです。どれくらい低いかというと、おそらく5年以上前のノートパソコンでも動かせそうなくらいです。スマホで同じゲームを遊べると言うことを考えればその必要スペックの低さは容易に想像出来るでしょう。

つまり、この5年以内にノートパソコンを含めパソコンを買ったか、ゲーミングPCならたぶん7~8年前のものですら余裕で動かせると思います。もちろん快適には遊べないし、画質も信じられない低くしないとならないでしょうが、プレイ不可能というレベルまではならないはずです。

まず必要CPUのCore i3 2.4Ghzですが、だいたい2010年くらいに発売されたCPUの性能です。8年前ですね。Wii用ゲーム・スーパーマリオギャラクシー2が発売され、まだツイッターはオタクが独り言を呟くサイトであり、スティーブ・ジョブスが生きてiPhone4の発表をしていた頃です。もはや古代といっても良いでしょう。

古代のスマホ iPhone4 2010年6月発売

いま小学2年生の子供が生まれた年、今年成人する人が中1だった頃に製造された古代のCPUが搭載されたパソコンならフォートナイトの必要最低スペックを満たせるわけですね。

そしてグラフィックの方ですが、これはIntel HD 4000とされています。Intel HDナントカという単語はどこかで見たことあるかもしれませんが、これは基本的にはノートパソコンに搭載されている、PCに必要最低限の描写性能を与えるためにやむなく付けられているCPU内グラボみたいなものです。

必要最低限の描写性能を与えるためくらいの性能しか無いため、これでゲームをするのは基本的にはかなり厳しいのですが、グラフィックにこだわらないゲームであるマインクラフトや、昔のゲームくらいならプレイできます。

そんなしょぼい間に合わせのIntel HD 4000はおおむね2012年後半~2013年にかけてのノートパソコンに主に搭載されていました。なので、2012年後半~2013年に買ったノートパソコンはまあまあの確率でフォートナイトの必要最小スペックを満たしている事になりますね。

とはいえ、フォートナイトはレンダリング解像度を変更できるようにする事により限界を超えて低スペックでも遊べるようにしています。ショボいパソコンの場合、だいたいこういう感じの見た目でプレイすることになります。

ただ、これでビクロイが取れるかと言うと、100メートルも離れると敵が潰れて見えなくなったり、照準も潰れてしまって見えなくなったりするのでかなり難易度高めです。本気で勝ちにいきたいなら推奨スペックを満たしたゲーミングPCを求めた方がいいかもしれません。

最低でもフルHD&最高設定&60FPSは出るPCはほしいところですね。

推奨スペック

推奨スペックですが、こちらもかなり低めに抑えられています。どれくらい低いかというと…家電量販店で1番安いゲーミングPCを買っても最高設定で遊べるくらいです。

ただ、60FPSを出そうと思うとまた少し事情が変わってくるようです。60FPSというのは何かわからない人に軽く説明すると、FPSというのは秒間フレーム数を指しており、1秒間に何回画面が更新されるかの値となっています。

更新回数(FPS)が多ければ多いほど動画がなめらかになるのですが、どれくらい違うのかというとこれくらい違います。

そして、一般的にはPCゲームなら60FPS出せると良いとされています。また、上の動画を見ても想像出来る通り、対戦ゲームではFPSの高さが勝敗を分けることすらあります。60FPSの人と15FPSの人が対戦すれば60FPSの人の方がなめらかなぶん早く敵が壁の裏から出てくるのを検知できますからね。

さて、Techspotのベンチマーク結果によると、フォートナイトで最高設定×フルHD×60FPSを出すには最低でもGTX 1050 Tiが必要なようです。

GTX 1050 Tiというのは現行グラフィックカードの中でも一つを除けば最弱の激安グラフィックカードであり、特に低価格帯のゲーミングPCによく搭載されています。つまり、フォートナイトを快適に最高設定で遊びたければ、10万円前後の低価格帯のゲーミングPCで十分という事になりますね。

基本無料ゲームはとにかくプレイヤーを増やすことが目的なので、どんな低スペックでも遊べるようにデザインして開発することがよくあります。そういう点では低価格帯のゲーミングPCでも最高設定で遊べるようにできているのはかなり素晴らしいですね。

144hz以上でフォートナイト

つい先程ゲームをするなら60FPSがいいと紹介し、FPSが2倍になるとどれくらいなめらかになるかという画像を貼りました。

でもつい4秒前に貼られていたFPSによるなめらかさ比較の動画を忘れてしまった人のためにもう1度貼っておきます。

FPSが30から60になるだけでこれほどなめらかさに違いが出るのなら、それ以上にしたらどうなってしまうのか、気になりますよね?実はPCゲーム業界では60FPSより上に120~240FPSという世界が存在します。

フォートナイトの画質設定画面には「最大フレームレート」という項目がありますが…

これが240FPSまで対応していることからもわかりますね。

それじゃあ今すぐフォートナイトの画質設定画面から最大フレームレートを240にすれば超なめらかに遊べるのかと言うと…そんな事はありません。なぜなら普通のモニターは60FPSまでしか対応していないからです。

フォートナイトを60FPS以上で遊ぶには必要なものが2つあります。

  1. 60FPS以上を表示できるモニター
  2. ゲームを60FPS以上でレンダリングできる強力グラフィックカード

まず1の「60FPS以上を表示できるモニター」ですが、先程も言った通り、普通のモニターでは60FPS以上を表示できません。例えば60FPS以上出せるモニターの中では1番メジャーなフレームレートである144FPSで遊びたければ144Hz対応の高級モニターを買う必要があります。

144hzモニターの記事でも書きましたが、私は144FPSで遊べるIIYAMAのProLiteシリーズより型番G2773HS-GB2のモニターを使っています。

60FPS以上のモニターは滑らかなので、特にフォートナイトのような動きの早いゲームをする際に非常に捗るのですが、モニターの性能が高いぶん大きさあたりの価格が倍近くになっているという問題があります。

次に2の「ゲームを60FPS以上でレンダリングできる強力グラフィックカード」ですね。先程も説明した通り、ゲームというものはアニメのように、毎秒少しづつ違う絵を表示させる事によって動きを表示させています。これを何回更新するかの単位が秒間フレーム数ことFPSとなっています。

この更新回数が多ければ多いほど滑らかになるというのはここまで散々と言ってきましたが、更新回数が多ければ多いほどPCにかかる負荷も上昇しています。単純に言って、30FPSを表示するのと60FPSを表示するのでは必要なマシンパワーが2倍違ってくるのです。

それでは例えば144FPSなら…?そう、30FPSを出すときの4.8倍、60FPSを出す時の2.4倍のマシンパワーが必要になってくるのです。だから「ゲームを60FPS以上でレンダリング出来る強力グラフィックカードが必要」というわけなんですね。

144FPSの液晶を買う場合、それに合わせてフォートナイトで144FPS以上を出せるグラフィックカードも買う必要が出てきます。最高設定でフォートナイトを144FPS以上出せるグラフィックカードは…

なんと中~上級の高級グラフィックカードばかりです。

そういうわけで、60FPS、特に144Hzでフォートナイトを遊びたい場合、GTX1070 Ti以上が搭載されているパソコンと、144Hz対応モニターを手に入れましょう。

4Kフォートナイト

PCゲームやテクノロジーに興味があるなら1度は聞いたことがあるかもしれません。4Kというのは解像度のことを示しているのですが、4K解像度はフルHDの2倍キレイになっています。

これだけ聞いてもよくわからない人には1つも伝わらないと思うので、具体例を見ながら学んでいきましょう。

そもそも解像度というのはざっくり言うと画面の大きさ、もしくは細かさの事を指しています。解像度が高いと細かい所がはっきり見えるようになると考えておけばおおむね間違いありません。

現在主流なのはフルHDという解像度であり、フルHDでは横1920×縦1080の点が並んで画面を描写しています。一方4K解像度の場合は縦横が2倍となり横4096×縦2160の点が並んで画面を描写することになります。

例えば風船に絵を描いたとします。風船に描いた絵を、四角い枠の大きさに合わせて縦横に伸ばすと描かれた絵もそれに合わせて左右に伸び、描いた絵が荒くなるというのはイメージできるでしょうか。

もし風船が大きければ、同じ大きさの枠の大きさまで引き伸ばしても絵の荒れ方は抑えられるというのもイメージできるでしょうか。

それを画像化してみたのがこちらとなります。左が4K解像度の風船、右がフルHDの風船とします。

それを引き伸ばして大きさの枠にはめると…

こうなります。左側の4K解像度の風船に描いた絵は荒くなりませんが、フルHDの大きさの小さな風船に描いた絵は引き伸ばされて荒くなっているのがわかりますね。

一見今すぐにでも移行すべきかと思われる4K解像度の問題はその重さにあります。4Kでゲームをするには単純に2倍以上の描写能力が必要になってくるので、PCへの負荷もそれくらいかかってきます。

つまり、現状ではかなりの超高性能PCでなければ4K解像度でゲームはプレイできないのです。また、4K解像度でゲームを遊ぶには4K解像度に対応したモニターも必要になってくるので…4Kゲーミングは今の所金食い虫としか表現しようがないですね。

しかし、フォートナイトはもともと軽いゲームなので、もしフォートナイトだけがプレイしたくてゲーミングPCを買うのであれば4Kに挑戦することも可能でしょう。

先に紹介したTechspotのベンチマーク結果によると、フォートナイトで4K解像度で遊ぶには…GTX1080Tiこと今売られている中でも最高級のグラフィックカードが必要になってくるようです。

これが搭載されたPCはおおむね30万ほどします。うーん…フォートナイトほど軽いゲームでも4Kゲーミングは安く済ませられないか…

でも場合によっては花粉ほど細かい大きさの敵をぷちぷち撃つ必要があるというゲーム性上、4K解像度に手を出してみるというのもあり…かもしれません。

2018年の末までには販売される…はずのGTX2080を待ったほうが安上がりですけどね。

画質設定で比較するフォートナイト

フォートナイトは画質設定でどれほどの違いが出てくるのでしょうか。見ていってみましょう。画像はFortnite PC Graphics Settings Comparison | Different settings Comparisonより。

画像で見るとあんまり違いがわからないかもしれませんが、実際に見ると結構違います。EPICの方はLOWと比べるとやはりはっきりしています。というかLOWがかなりのっぺりしてる感じです。

EPICとLOWで比べると特に顕著なのは影ととポストプロセスですね。高画質の方では木の影はもちろんの事、樹の幹にすら影が描写されています。ただ、描写範囲についてはどの設定でもあまり変わりはないようです。

まあ、200m先にあるミジンコの卵くらいの大きさの敵をアサルトライフルで狙撃する必要があるゲームでスペックによって見える範囲が違ったらコトですからね。

他に顕著なのはエフェクトによる水の描写の変更でしょうか。

エフェクトがEPICの状態では河口湖のように逆さ富士を写せそうな、美しい景色の反射が湖の中に見えますが、LOWでは雨の日の道頓堀くらいに見えます。一度足を踏み入れたら最後、ヘドロに足を取られて42年は浮かんでこれなさそうな濁りっぷりです。

ただ、全体的に言えるのはおおむねどのような設定でもゲームの核部分に影響は無いという点でしょうか。例えば描写範囲を最低にしても遠くにある木や建物が見えなくなるという事はありません。

しいて言うならEPIC設定だと武器がレア度によってめちゃくちゃ輝くので遠くからでもどんな武器が落ちているのか視認しやすいというのはありますが…それくらいですね。

フォートナイトはフォトリアリスティックなアートスタイルではないため、おおむねどのような設定でも最低限の美しさがあるというのもいいですね。こう考えるとPUBGももっとカートゥーン調のグラフィックで行くべきでしたね。PUBGはもともとがガチリアル系FPS軍シミュレーターのArma2なのでその発想転換は難しかったかもしれませんが…

フォートナイト用おすすめゲーミングPC

とりあえずゲーミングPCが欲しいなら

フォートナイト以外にもやるゲームが有るので、フォートナイトを最高設定はマストとしてとりあえず他のゲームもできそうなゲーミングPCが欲しいなら、こちらがおすすめです。

ガレリアDT
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i5-8500
グラボGeforce GTX1060 6GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
SSD:240GB
価格119,980円〜

ゲーミングPCおすすめ2018の記事で1番最初に紹介しているのと同じガレリアDTです。このPCは11万円代なので10万円前後のPCというには若干値段が張っていますが、最新CPUであるi5-8500とフォートナイトを快適に遊べるGTX1050 Tiよりもさらにさらに高性能なGTX1060が搭載されています。

まずi5-8500ですが、これはCPUメーカー大手インテルの第8世代のCPU、つまり最新のCPUが搭載されています。さらに、発売されたのも去年の暮れであるため、可能な限り最新パーツを寄せ集めて作りたいゲーミングPCにとっては理想のCPUと言えるでしょう。

PCパーツは1世代をまたぐと性能あたりの価格が著しく上昇するため、可能な限り最新のパーツを寄せ集めて作るのが良いのです。需要と供給によりPCパーツ価格は激しく変化するため、発売半年以内の新しいパーツでそれをするのは簡単ではありませんが…

さて、一方GTX1060は販売開始されたのが2年前ではあるものの最新GPUであり、その性能は折り紙付きで、BF1も最高設定で遊べるほどです。フォートナイトを快適に遊ぶのに必要なGTX1050Tiとは型番はあまり違っていないように見えるものの、その性能差は圧倒的で、なんと35%近くもGTX1060の方が高性能となっています。

35%というと何となく大したことないようにも思えますが…ゲーミングPC業界で35%の差というと太陽と浜辺の石くらいの差があります。フォートナイト推奨のGTX1050Tiはぜんぜん悪いグラフィックカードではないのですが、やはり価格が安いせいもあり強力なグラフィックカードとは言えませんからね…。

どうしても安いのが良いなら

予算の関係上、どうしても10万円以上は出せないのでGTX1050Ti搭載の安パソコンがいいと言う人にはこちら

ガレリアDH
CPUIntel Core i5-8500
グラボGeforce GTX1050 Ti
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
価格94,980円〜

ガレリアDHはゲーミングPCとしては中の下くらいのい性能しか持っていませんが、価格は10万円を切っています。個人的には頑張ってもうちょっとお金をためて、先程紹介した11万ちょっとのゲーミングPCを買ったほうが将来的な満足度は高くなると思いはしますが…

ただ、GTX1050 Tiは腐っても最新世代のグラフィックカードであるため、設定を下げればどんな最新ゲームも遊べるでしょう。グラフィックに特に強い思い入れがなく、費用は可能な限り抑えたい人におすすめです。

フォートナイト以外にもプレイしたいから高性能なのがいいなら

フォートナイトもやりたいけど、PUBGもやりたいし、ファークライ5とかアサクリオリジンとかBF5もやりたい、もしくは144Hzや4K画質で遊びたいという人にはもうちょっと高性能なパソコンが必要かもしれません。そんなあなたにはこちら。

ガレリアZV
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i7-8700K
グラボGeforce GTX1070Ti
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
SSD:240GB
価格199,980円〜

ガレリアZVには最新世代のCPUであるi7-8700Kと、GTXの新世代がなかなか出ないことに業を煮やしたユーザーたちの暴動を抑え込むために開発されたGTX1070 Tiが搭載されています。

CPUの方は先程も言ったように、CPUパーツは世代をまたぐと価格あたりの性能は段違いになるのですが、このCPUは2017年の暮に発売されたばかりなので自信を持ってコスパ最強の類のCPUと言えます。

また、GTX1070 Tiはフォートナイトを遊ぶ際、最高設定で平均150FPS以上を出せるため、144Hzモニターで超なめらかに遊びたい人にも向いています。やはり動きの早いゲームでは144Hz以上のモニターはかなり有利になるので抑えておきたいですね。

もしさっきの4K解像度の話を読んで、どうしても4Kでゲームがしたくなった石油と黄金の国からやってきたあなたにはこれがおすすめです。

ガレリアZZ
kt_410
CPUIntel Core i7-8086k
グラボGeforce GTX1080 Ti
メモリ16GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:3TB
SSD:500GB
価格249,980円〜

グラフィックカードが最上位のGTX1080Tiとなっています。これに加えて4K解像度を写せるモニターを買えば4K解像度でゲームが出来ます。

これだけ高性能なPCならVRも余裕でしょう。というかGTX1080Tiがあればゲーミング関連で考えつくことはおおむね何でもできます。来るBFVのようなゲームも最高画質で遊べるはずですし、BFVを4Kで遊ぶことすら可能になってくるでしょう。

また、PCを買い換えなくても今後5年かそれ以上はずっと最新ゲームを最高画質で遊び続けられ、パーツが消耗しなければ10年以上買い替えを感じることはないかもしれません。このPCはそれほど強力なのですが…やはり値段が…

これだけのお金を出せるのならば問題ありませんけどね。お金持ちはバンバンお金を使って経済を回していきましょう。

コメント

  1. 【フォートナイト(Fortnite)】基本的なルール&操作の解説、PUBGとの違い【建築FPS】 | ~快適生活ちゃんねる~ より:

    […] 引用元:フォートナイトの必要スペックとおすすめゲーミングPC | ゲーミングPCおすすめ最新情報発信所 […]