フォートナイトのシーズン5に向けての謎

ARGというものをご存知でしょうか。これはAlternate Reality Gameの略であり、代替現実ゲームと訳されることもあります。古くはバイラルマーケティングとも言われていたような気がします。

実際に何なのかと言うと、これはざっくり言うと「ネットを含む現実世界に散りばめられた謎をユーザーが見つけていくゲーム」であります。

例えばあの伝説の映画「ダークナイト」ではバットマンの活躍する西成と福岡と足立区の悪いところを凝縮したような最悪の街ことゴッサムシティの市長であるハービー・デントのホームページが発見される所から始まり、「ジョーカーの仮装をして写真を撮る」「発掘されたGPS座標の所へ行く」「空に飛行機雲で描かれた電話番号に電話をかける」といったミッションをネットと現実でこなしていくとダークナイトのトレイラーが見れたり、ジョーカーからの指示が貰える携帯電話…が中に入っているケーキがもらえたりしました。

去年新作が発表された「クローバーフィールド」では謎の日本の採掘会社タグルアトの公式サイトが発掘されるところから始まり、このタグルアトはスラッショ!という飲み物を販売していること、その飲み物は海底の蜜と呼ばれるなにかを原料にしている事、原油等の採掘をしているタグルアトは環境を破壊していると訴えるエコテロリストT.I.D.O. Waveというグループ、T.I.D.O Waveのメンバーであり仲哀ステーションにスパイとして派遣されたTeddyという人物、そのTeddyの彼女によって作成された鍵付きウェブサイト、そのサイトをハッキングすると見れるビデオレター…などなどが明らかになっていき、映画「クローバーフィールド」へ繋がるという内容でした。ちなみに、クローバーフィールドのARGは最新作「オーバーロード」へ向けて今なお続いているので、興味がある方は調べてみましょう。

他にはゲームでは「ポータル2」のARGも有名ですね。ポータル1がアップデートによりエンディングが変更されるところから始まり、ゲーム内で見つかるようになった謎の音を低速度走査テレビジョン技術によって解析すると画像が表示されたり、その画像の中で強調されていた数字を並べて56kのモデムからアクセスした時のみ表示されるログイン画面が見つかったり、そのあといろいろあってSteamのインディーゲームの中に隠されたポテトを集めたりポテトが隠されたゲームを遊ぶとポータル2のリリース日が早まったりしていました。

ARGは他にもいろいろあるのですが、これを語っていると永遠にフォートナイトの話題に戻れなさそうなのでここらへんで切り上げましょう。さて、そんなARGですが、なんといまフォートナイトでも行われています。

フォートナイトARG

ロケット発射からすべてが始まった

7月1日にフォートナイト内ロケット発射が行われましたが、このロケットが発射された直後、ロケットが謎の言葉を2回喋ったのを覚えておりますでしょうか。

実はこれは言語ではなく、スペクトログラムで解析できる画像を含んだ音声でありました。スペクトログラムとは声紋鑑定などの専門的な音の分析に使われる技術なのですが、ARGではよく音に記号を描く目的で使われます。さて、これら音声をスペクトログラムで解析した結果がこちらとなります。

1枚目の画像ではフォートナイト全土のテレビに表示されていた謎のドクロ、2枚目の画像では謎の数字が表示されました。

この謎の数字は3文字あとに謎のスペースが入っているのですが、左側をASCIIコード、右側をバイナリ変換するとこうなります。

066=B, 0b0110=6
072=H, 0b1001=9
073=I, 0b1000=8
073=I, 0b1001=9

解析されたB6, H9, I8, I9という文字はそれぞれマップの番号を示しているのですが、この場所は最初次リリースされるゲームモードと関係があるなどを言われていましたが、次々とこれらの場所に謎のリフトが出現し始めた事により、次のシーズンに繋がるリフトの場所を示していたのでは、と言われています。

ロンリーロッジ(J4)に現れたリフト

いまのところ、以下の場所にリフトは現れており、場所によっては既存のオブジェクトが変わり、新しいオブジェクトが出現していたりしています。

ロンリーロッジ (J4) – ロンリーロッジのサイン消滅
モーテル (D2) – モーテルの看板消滅
トマトタウン (G4) – トマト亡くなる
リテイルロー (H6) – NOMS看板消滅
グリーシーグローブ (C7/B7) – Durr Burger消滅
スノービーショー東にある山 (B6) – 碇が置かれる
監獄北東の山 (I8) – 馬車が置かれる
モイスティーマイヤの木(I9) – 恐竜の骨が置かれる

ちなみにリフトからオブジェクトが現れる時はこのようなエフェクトが表示されます。

シーズン3からシーズン4に変わった時はダスティデポがダスティディポットに変化しましたが、今回はもしかしたらこのオブジェクトが置かれている場所すべてが何かしらの変化をするのではないかと囁かれているようです。

砂漠のDurr Burger

7月6日、@selashiloniというツイッターアカウントがフォートナイトゲーム内から消えたはずのDurr Burgerを砂漠で発見したとのツイートを投稿

また、このアカウントではフォートナイトのゲームと同じデザインの警察車両をツイートしていました。直後、「エージェント」がこの場所に現れ、テントとCautionテープをハンバーガーの周りに張り始めます。

Durr Burger テント

テントの中の机には13個の物が置かれており、以下がその写真と内容となります。

1. ビジネスカード
2. ハードケースの業務用ライト・エナジャイザー製
3. UFO Contact From Reticulum(レティクラからのUFOとの遭遇) by Wendelle C. Stevens, William J. Hermann, and Sharleen M. Spivak
4. Gods From Outer Space(宇宙の外側の神) by Erich Von Daniken
5. The Flying Saucer Reader(空飛ぶ円盤の読解) by Jay David
6. Flying Saucers 101: Everything You Ever Wanted To Know About UFOs and Alien Beings(空飛ぶ円盤101:UFOとエイリアンについて知りたい事すべて) by Harold E. Burt
7. Super Book of UFOs, Unidentified Flying Objects(超UFO本・未確認飛行物体) by Michael Shulan
8. Empire Level E280 16-Inch Heavy Duty Professional Combination Square w/Etched Stainless Steel Blade and True BlueR Vial
9. Flying Saucers: Fact or Fiction? (空飛ぶ円盤:本物か偽物か?)by Max B. Miller
10. Realistic Walkie Talkie (本物っぽいトランシーバー)
11. Betty Crocker’s Hamburger Cookbook (ベティ・クロッカーのハンバーガーレシピ本)by Betty Crocker
12. To Men of Earth (Including: White Sands Incident) (地球の人類たちへ【白い砂漠事件つき】)by Daniel W. Fry Ph.D.
13 (Not Marked, Under 3). UFOs Over the Americas(アメリカのUFO) by Jim Lorenzen and Coral Lorenzen

これらの意味は未だよくわかっていません。

Durr Burger警察車両

エージェントとハンバーガーがある場所にはゲーム内と同じ見た目の警察車両が置かれています。この警察車両の給油口には212という数字、車体の識別番号とナンバープレートからは7WKD070という記号が発見されました。

これらの数字や文字についてもまだ特に何もわかっていません。7WKD070の7WKはシーズン4が7週間であったからと訴える人もいます。

エージェント

この場所にはガスマスクに半袖というスタイルのエージェントと呼ばれる人が立っており、訪れた人に名刺のようなものを配っていました。

20世紀少年で見た

エージェントの名刺

エージェントの配っていた名刺はすべてAgent#数字というフォーマットで名前と数字が書かれていたのですが、これを電話のキーパッドで変換すると以下のようになります。

Agent #3678 – FORT
Agent #3742 – EPIC
Agent #6483 – NITE

また、この名刺の裏には電話番号(712) 380-4091が書かれており、これに電話をかけるとこの音声が聞けるのですが…未だにこれが何を示していたのかは分かっていません。

しかし、7月8日になると電話をかけると聞ける音が変更され、こちらをスペクトログラムにかけるとこの数字が出るようになりました。

ロケットが発射されたときと同じ方法で解析するとC7のグリーシーグローブを指すことになり、グリーシーグローブではハンバーガーが消えています。ただ、これ以上は分かっていません。

セサミシード

本日はフォートナイトのシーズン5のアップデートの日ですが、そんな日にバーガーに向かったある人が、種をもらえたとの事…

この種がなんなのかはよく分かっていませんが、ハンバーガーにつかわれるセサミシードなのではと囁かれています。この種自体には特に何もなく、これ以上の情報はありません。

ラマの出現

7月9日になるとヨーロッパじゅうでフォートナイトのラマが発見され始めました。

エージェントの名刺から導き出されたC7の地域にはテント、警察車両、Durrバーガー、そして上の写真のように公衆電話ボックスがあるため、ラマはC7の地域からやってきたという説があります。

ラマが発見された地域は以下の通り。

1. ロンドン, イギリス (51.513021, -0.124785)
2. ケルン, ドイツ (50.935569, 6.948483)
3. 420 Avinguda Diagonal, バルセロナ, スペイン (41.395601, 2.156354)
4. ワルシャワ, ポーランド (Unknown)
5. ロンドン, イギリス (Unknown)
6. カンヌ, フランス (Unknown)
7. パリ, フランス (48.8539483, 2.3611878) (消滅・盗まれた可能性)

The Llamas’ Call

7月10日になるとエージェントの名刺の電話番号に電話をかける際、6を押すといつもと違う音が聞けるという事が発見されました。

その新しい音をスペクトログラムにかけた結果がこちらとなります。

解析された画像には48.8539483, 2.3611878という座標が記されており、この座標ではパリの7匹目のラマが発見されました。

今のところ出ているARG材料はこれだけとなります。

シーズン5では日本の狐のマスクやバイキングの斧がティーザーされていたり…

リフトからモイスティーマイアに恐竜の骨や、西部開拓時代の馬車が出てきています。

これによりシーズン5は歴史がテーマなのではという説が濃厚になっています。順当に行くならARGは今日のシーズン5開始と共に終わるはずですが…

どうしても引っかかるのはARG期間が短すぎるという点、そしてDurrテントから発見された数々のUFO本です。個人的にはこれらのARGはただの始まりでしかなく、最終的にはシーズン6の情報、ついでにFortniteBRのストーリーの解析(The Visitorやロケット、時空の裂け目について)と繋がっていて欲しいと思っています。

もし新しい情報が入りましたらこの記事もアップデートして行きますのでこうご期待…