Fallout4の必須・推奨スペックがついに公開!

つい今しがたFallout 4のスペックの情報が飛び込んでまいりました。

私は新作ゲームといっても、とにかく軽いことで有名なFallout3・Skyrimのエンジンがベースならそんなに物凄いPCが必要になるはずはないと過去の記事で言っていましたが・・・

結果はどうなのでしょうか。見ていきましょう。

Fallout4の必須・推奨スペック

必須スペック

  • ウインドウズ 7/8/10 (64-bit OSであること)
  • Intel Core i5-2300 2.8 GHzもしくはAMD Phenom II X4 945 3.0 GHzかそれ相当
  • 8 GBのメモリ
  • 30 GBの空き容量
  • NVIDIA GTX 550 Ti 2GBもしくはAMD Radeon HD 7870 2GBかそれ相当

推奨スペック

  • ウインドウズ 7/8/10 (64-bit OSであること)
  • Intel Core i7 4790 3.6 GHzもしくはAMD FX-9590 4.7 GHzかそれ相当
  • 8 GBのメモリ
  • 30 GBの空き容量
  • NVIDIA GTX 780 3GBもしくはAMD Radeon R9 290X 4GBかそれ相当

なかなか高めを付いてきましたね…メモリはほんの少し前のゲームは最低4ギガというのがスタンダードでしたが、スターウォーズバトルフロントを始め2015年末に出るゲームはメモリ8ギガが必須になってきています。

スターウォーズバトルフロントでは最低でもGTX660必須となっていたことを考えると、Fallout4の最低GTX550 Tiというのは比較的穏やかではないでしょうか。それでもかなり高めなのでもう3~4年近くグラフィックボードを変えていない人にとってはかなり厳しくなるかもしれません。

この感じですとここ2年以内にパソコンを買った人なら問題なく動かすことが出来、1年以内ならかなり高設定で動かせ、3年前以上ならメモリやグラボの載せ替えが必要になってくるかもしれません。

Fallout4用パソコン

必須スペックの激安パソコン

少しドスパラを見てみましたがどうやら1番安いパソコンでも動きそうです。

たとえばドスパラで9万円のこのパソコンですが、スペックはi5-6500, GTX750Ti,メモリ8ギガという構成になっています。

必須スペックのGTX550 Tiのベンチマークスコアは1923ですが、このパソコンに付いているGTX750Tiのベンチマークスコアは3688と約2倍のスコアを叩き出しています。

Sponsored Link:

推奨スペックであるGTX760と比べるとかなり見劣りしますが…それでも9万円台でFallout 4が全く問題なく動くパソコンが手に入ると考えるとそこまで高いとは思えません。

全然予算はないがとりあえずFallout4が動くパソコンが欲しい!という人はこの9万のパソコンで問題無いでしょう。

とりあえず推奨スペックに届いてるが安いパソコン

せっかくゲーミングPCを買うんだから妥協はしたくないが、かといって無限にお金があるわけでもないのでとりあえずFallout4の推奨スペックを満たしているパソコンがほしいという人もいるでしょう。

そのような人にはこちらのガレリアXFをおすすめします。

kt_410

ガレリアXFはお値段15万5千円と先ほどのパソコンより6万円強高めになっていますが…スペックは以下のとおりとなっています。

  • Intel Core i6-6700
  • DDR4 SDRAM 8GB
  • NVIDIA GeForce GTX970 4GB JetStreamFAN

すべての要件を満たしています。満たしているどころか超えています。

GTX970のベンチマークスコアは8,648と、GTX780の8031をわずかながらに上回っています。わずかに見えますが、ベンチマークスコア界では結構な差ですので、実際にプレイしてみると例えば敵が大量に出てきた場所などでも問題なく耐える事が可能になるでしょう。

おそらく今後出てくるであろうFallout4のグラフィックMODにもある程度は耐えられるスペックと言えるでしょう。今も楽しめて先もある程度見越したパソコンが欲しい…がお金はそんなにかけられないという人はこのパソコンか、似たようなスペックのパソコンで決まりでしょう。

シェアする

フォローする