BFVの必要スペックとおすすめゲーミングPC

ついに発表された、バトルフィールドの最新作ことバトルフィールド5…

今回はバトルフィールド1942から実に16年ぶりに第二次世界大戦を舞台にするというので期待が非常に高まっています。

その反動からか、バトルフィールド1942に資料に手を付けずに作った発言や、歴史検証を無視して女性兵士や高性能義肢を登場させているといった要素によってトレイラーは高評価より低評価のほうが多いという自体に陥っています。

よくよく考えるとバトルフィールドはどちらかというとファンタジーゲームであり、歴史的に正しかったりリアルだったりなんてことはなく、一方で技術的に不可能なことを成し遂げているなんてことは日常茶飯事だったような気もしますが…

参考動画↓

そんなことはどうでもいいですね。別にどんな炎上しててもなんだかんだいって買いますからね!CoDみたいに!

さて、新しいバトルフィールドが出るときにやはり気になるのはその必要スペックです。バトルフィールドはなかなかグラフィック水準の高いゲームとして知られており、実際トリプルA級ゲームだけあって新作が出るたびになかなかのグラフィック向上が行われています。

BFVを可能な限り快適に遊びたいという人や、最低でもBFVが遊ぶPCが欲しい人のために今回もBFVのスペック紹介とそれに応じたおすすめPCを紹介していきます。

BFVのスペック

必要最低スペック

BFVの必要最低スペックは公式によると以下の通りとなっています。

  • CPU (AMD): AMD FX-6350
  • CPU (Intel): Core i5 6600K
  • GPU (AMD): AMD Radeon™ HD 7850 2GB
  • GPU (NVIDIA): nVidia GeForce® GTX 660 2GB
  • RAM: 8GB RAM

なんか見たことありますね。この並び…

そう…必要最低スペックはBF1と全く同じなのです!!!!!

おそらくはBF1→BFVにて劇的なグラフィックの向上は見込めないでしょう。

Sponsored Link:

最近のバトルフィールドはBF3のときにFrostbite2、BF4のときにFrostbite3と公式ナンバリングタイトルが出るときにはFrostbiteエンジンが更新されるというのが慣例であったため、BF5が出るときにはFrostbite4が出るものだと思っていましたが、そんなことは別に無いようです。

エンジンの更新がされるとグラフィックが著しく向上される(もちろん必要最低スペックもかなり引き上げられる)ので期待していたんですけどね…もしくはBFVのVはローマ数字で5を意味するVではなく、別に違う意味を持っているのでしょうか。Vietnamとか。それでBattlefield 5は5で別にあるとか…?

そういうわけで、この公式サイトに記載されている必要最低スペックが「BFVの詳細発表までてきと〜にBF1の必要最低スペックをコピペしたもの」でなければ、いまBF1を遊べるPCならなんの問題もなくBFVが遊べるという事になります。

今現在BF1をギリギリ遊んでいるような人でもBFVのためにゲーミングPCを買い換える必要はありません。

推奨スペック

BFVの推奨スペックはまだ発表されていません。そのため、ここに書くことはとくにありません…

ただ、必要最低スペックがBF1と同じことから、最低でもグラボはGTX1060以上、もしグラフィックに何かしらの改良が加えられているならギリギリGTX1070以上があり得るかどうか…という感じになりそうです。

BF1の必要推奨スペックで公式発表されているのがGTX1060ですからね。2年経ったナンバリング新作タイトルでグラフィックの向上がまったくないということはないと願いたいですが…個人的には今年の夏に出ると言われているGTX1170やGTX1180に合わせたスーパーグラフィックを期待したいところですが…

何にせよ、BFVはまだシネマティックトレイラーが発表されたばかりであるので、もしかしたら今後必要最低スペックや必要推奨スペックが変わったりする可能性も無いことはないはずです。

とりあえずBFVのためのゲーミングPCが欲しい人は続報を待ちましょう。この記事も随時追記していく予定なので乞うご期待。

とりあえず現在わかっていることはBFVのために新しいPCにする必要は必ずしもないというところだけですね。

シェアする

フォローする