ゲーミングPCは自作かBTOか

ゲーミングPCをぜひ手に入れたいと思っているが、自作とBTO、どちらの方がいいのか悩んでいる人が沢山いると聞きました。

自作とはそのまま、パソコンを1から作ってしまおうという試みですね。マザーボード、CPU、HDD、メモリ、モニタ、そしてゲームをするならグラフィックカードを自分で買って、それぞれを組み立てる事を言います。

BTOはBuild To Orderの略で、おおむね「注文されてから作る」を意味します。PC販売サイトではゲーミングパソコンなどを注文されてから作って発送しているのでBTOサイトとよく呼ばれます。

たしかにゲーミングPCは自作がいい派とBTOがいい派が常に火花を散らしているイメージが有りますね。実際の所どちらの方がどうメリットが有るのでしょうか。今回はそれについて検証していきましょう。

自作 vs BTO

ゲーミングPCを自作で作るべきかBTOに頼むべきか…永遠のテーマですね。両方共試したことがある私はどちらにも大きなメリットやデメリットが存在すると考えております。

自作には自作の、BTOにはBTOのいい点があるので、まずは両方のメリットとデメリットを見ていきましょう。

自作のメリットとデメリット

自作のメリット

自作のメリットは

  • 知識がつく
  • 好きなときに好きなだけパーツの交換が出来る
  • オーバークロック等が自由自在にできる

あたりでしょう。

1度でもいちから自分でパソコンを作れば、パソコンやパーツについての知識がつきます。どこにどのパーツを差し込むといいのか、パソコンの調子がこう悪い時はだいたいどこを直せばいいかといった事がわかるようになります。

知識があればPCパーツの換装も自由にできるようになります。

パソコンはモジュール化が進んでおり、PCパーツの換装は実は誇張抜きでミニ四駆かベイブレードを組み立てるくらい簡単なのですが、パソコンの組み立てをしたことがない人は野村證券で株を動かすとか、エヴァンゲリオンを前に歩かせるくらいの難易度の高さくらいありそうだ…なんて思いがちです。

一度自分でパソコンを組み立てて知識を手に入れてしまえば、今後パソコンのパーツを新しいものに変えようと思った際に自分でささっとできるようになるので非常に便利です。

詳しくなればパソコンのオーバークロックもできるようになるでしょう。オーバークロックというのはパソコンに通常よりも大きな負荷をかけることにより、実際以上のスペックを引き出すワザを言います。

オーバークロックはうまくいくと10%以上もスペックが向上すると言われているので、PC知識があれば超単純に言って10万のPCなら1万円分くらいは得することが出来るという訳ですね。

自作のデメリット

  • 壊れても頼れるのは自分のみ
  • 他にもPCがないとお手上げ状態になる可能性あり
  • 値段がちょっと高めになる

自作のデメリットはこんな感じでしょう。

自作PCはグーグル検索以外、誰にも頼らずに自分でつくり上げるPCであるため、もし壊れても頼れるのは自分のみとなります。

BTOでパソコンを買えば修理サービスに送って直してもらうことも可能ですが、自作PCだと自分でなんとかするしかありません。

パソコンは壊れても自分のどこの調子が悪いのかは教えてくれません。ある日いきなり死んで何も言わなくなったり、毎度表示の変わるエラーに悩まされるという事もあります。というか、経験上パソコンは大抵の場合何の前触れもなくいきなり何も言わず死にます。

そのような時はもうどうしようもないので、自分で修理することになるのですが、普通はどこが壊れているのか分からないため、まずはどのパーツが壊れているかを確認する必要が出てきます。

パーツの特定をするにはパソコンのパーツを少しづつ換装してA/Bテストのようなものをする必要があります。

具体的に言うと自分の持っている古いPCの電源と自分の今の電源を交換して起動して確認、古いメモリと今のメモリを交換して確認、古いビデオボードと今のビデオボードを交換して確認…といった感じですね。

この時、自分の最初のPCが自作PCだと原因特定のためにパーツを交換する古いパソコンが手元にないのでどのパーツが壊れているのかというチェックが出来なくなります。こうなるともうお手上げですね。自分ではどこが壊れているのか特定しようが無いのですから…

なので…個人的には自作PCは2台目以降でやるのがオススメです。

また、自作PCは価格もBTOよりも高いと言われています。

昔はBTO業者が少なかったので価格競争も起きず手数料も高かったのですが、今ではBTO業者は乱立しており手数料もかなり安めになっています。また、BTO業者はPCパーツを安く大量に仕入れているため、自分でパーツを買い集めるより安く出来るのです。

BTOのメリットとデメリット

BTOのメリット

  • 考えるのが簡単
  • 壊れても安心
  • 値段が自作と比べると安い

BTOはとにかく簡単の一言に尽きるでしょう。ゲーミングPCを手に入れようと思ったらまず気になるのがパソコンのスペックです。自分で作るときにはまず各パーツどれを買うか等、様々な情報を頭に叩き込むところから始める必要がありますが、BTOなら別のそんなことをする必要は有りません。

例えばゲーミングPCのスペックで最も重要といえるグラフィックボードですが…

GTX960とGTX770、高速なのはどっち?と言われてすぐに答えられるPC素人はあまりいないかと思われます。ゲーミングPC業界で特に自作PCに興味がある人ならすぐ「GTX770の方が高速だが960よりも消費電力が高い。場合によっては消費電力が2倍も違ってくるので今から買うなら960の方がいいと思うが、少しでも早さを求めたいなら770がいいかもね」みたいなうんちくが出てくると思いますが、そうでもない人の方が圧倒的に多いでしょう。

BTOパソコンでPCを買う時はそんな知識は全く必要ありません。BTOサイトででパソコンをカスタマイズする際、基本的には最新シリーズのビデオボードが選択肢として選ばれるのでそもそも「960と770どっちにしよう…」みたいに悩むことは絶対ありません。

パソコンの知識がなくても最新パーツを使ったパソコンが買えるのがまずBTOパソコンの強みというわけですね。

BTOパソコンはこわれた時でも安心です。自作PCでは自分で一から作るため壊れた時は自分しか頼れませんが、BTOパソコンならメーカーに修理に出すことが出来ます。

パソコンが壊れた時は原因不明であることがほとんどですので、自分で治そうとした場合は知識と機材が必要です。どちらもとうてい用意できなさそうだと思っている人はとりあえずBTOで買いましょう。

BTO業者によっては自分で改造したパソコンでも修理保証対象内になる事があります。例えばBTO業者でパソコンを買い、1年後に新しくグラフィックボードを替えたが替えた際におかしくなったので修理に出す…なんて事も可能なのです。安心してPC改造に手を出すことが出来ますね。

最後にBTOパソコンは値段の面でもかなり優秀です。前述のとおりBTOパソコンは自作パソコンに比べて安めに設定されていることが殆どです。

ついでに値段の上限を決めてその中でカスタマイズして購入することも可能なので、思っていたよりも値段がオーバーしたなんて事態が起こることもありません。

完全に限られた予算の中でCPUやメモリを犠牲にしてとりあえずビデオボードだけいいやつみたいなカスタマイズが出来るのはBTOの強みですね。

BTOのデメリット

  • サイトによっては高くつく
  • PCの知識がつかない

BTOは先ほど自作PCより安いと言いましたが、そうならない場合もあります。例えばエイリアンウェアやDELLのパソコンは自作よりも高くつく事で有名です。エイリアンウェアはあの独自の光るPCケースが値段を高めているのでしょうか。

その分保証がしっかりしているので、名前の売れている大企業としてそこらへんでバランスを取っているのでしょう。特に4000円で翌日出張修理サービスが付いてくるのは魅力的ですね。パソコンの修理は送って直してもらってまた送り返して貰うというのが基本なので…

BTOで購入するとパソコンの知識が着かないのもデメリットといえるでしょう。パソコンの知識がないとアップグレードをしようと思っても躊躇してしまいます。

実際パソコンのアップグレードはベイブレードを組み立てるより簡単なのですが、やはり1回もやったことがないと、もし壊してしまったら…と恐怖してしまいますよね。

ただ、パソコンのアップグレードのたびに十何万も払ってパソコンを買い換えるのはもったいないので、数万でパソコンをアップグレードできるPC知識が付かないというのはちょっと損と言えるでしょう。

個人的意見

私の個人的な意見としては「1台目をBTOで買い、買ったBTOパソコンを自分でアップグレードしながら数年使い、マザーボードの更新が必要になったら自作でもBTOでも」というのがベストだと思っています。

いきなりパソコンを自作で作るのはちょっとハードルが高いのでまずはBTOで購入しましょう。買ったパソコンは時間が経つに連れてスペックが遅れて最新ゲームが動かなくなってくるので、ある程度使い込んだら今度は自分でグラフィックボードの付け替えに挑戦などをして少しづつ自分でPC改造知識をつけていきます。

1〜2年に1回パソコンの中身を取り替えていけばおのずとパソコンを組み立てる知識が出来上がっていくと思うので、自信ができたら2台目は自作でもBTOでも好きな方を選んでやればいいと思います。

自作で作るのであれば自分で作る知識もあるでしょうし、BTOでやるなら最初とは違ったカスタマイズが楽しめるでしょう。

1台目を自作PCにしてしまうといきなり電源が付かなくなったなどの不慮の事故に合った時の対応がどうしても出来なくなってしまうので少し厳しいところがあると思います。そこをBTOのサポートにカバーしてもらいながらPCの知識をつけていくというわけですね。

もしゲーミングPCを今から買いたいと思っているのであれば、まずBTOサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

自作セットもあり

自作がいいけどBTOも…なんて欲張りなことを考えている人には、BTOサイトによる自作セットというのも販売されています。

自作セットを買うと、マザーボードからケースまでのPC一式が組み立てられていない状態で送られてきます。

PCパーツの知識をつけるのは面倒だが、組み立ては自分でやりたいという微妙にニッチなニーズに答えるためのサービスと言えるでしょう。

例えばパーツの犬モデル 101b ビデオカードセットなんかがそうですね。

パーツの犬モデル 101b ビデオカードセット
CPUIntel Core i5-6500
グラボGeforce GTX1050
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:1TB
価格79,602円〜

ガレリアDHからSSDを抜いて価格を1万安くした自作セットです。GTX1050が搭載されているので、最新のゲームをまあまあの画質で遊ぶことが出来るでしょう。

ゲームにはそんなに興味はなく、プログラミングやネットサーフィン、メールなどのためにPCが欲しい、かつとりあえず自作したいのならこのように安いのもあります。

パーツの犬モデル 105 基本セット
CPUIntel Core i3-6100
グラボオンボード
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:500GB
価格53,441円〜

ビデオカードが積まれていないのでゲームはマインクラフトやLoL、艦これやKongregateのブラウザゲーくらいしか出来ないと思われますが、CPUがローエンドであるものの最新、かつメモリを8GBも搭載しているため、あまり処理能力の必要ないプログラミングやネットサーフィンはこれ以上無いほど快適に出来るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする