ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPCが欲しくてドスパラとかを見てみたが、あまりにも種類が多すぎて何がなんだか分からない…

どれを選べば自分のやりたいゲームが出来るのか?1番のおすすめはなんなのか?とにかく全てが謎で選び方の指南が欲しいと言う人のために今回はゲーミングPCの選び方について解説していきましょう。

まずは予算を決める

ゲーミングPCを買うにあたってまず決める必要があるのは予算でしょう。

もちろん予算は無限にあるから一番いいやつをくれと言う人もいるとは思いますが、ほとんどの人間は予算を決める必要があると思うので予算を決めるところから始めていきます。

まずゲーミングPCの相場ですが、ゲーミングPCの相場はどれくらい?という記事で書いた通り以下のようになっています。

安価ゲーミングPC:11万前後

普通ゲーミングPC:15万前後

高級ゲーミングPC:17万前後

最高級ゲーミングPC:25万〜

この表には1.5万ほどのモニタ代、税が含まれているのでモニターを持っている人はもう少し安くなります。

もちろんもっと安く7万くらいで作れるゲーミングPCもありますが、そこまで安いと多分自分のやりたいゲームがいい感じに動かない可能性があるので割愛します。

まずはこの11万・15万・17万ラインの中から自分の予算を決めましょう。

11万の場合ほとんど選択の余地はありません。いま販売されている中で最も安くてちょっと型落ちだけどそこまでひどくない、最新のゲームをフルHDでミディアム〜ハイくらいの設定で遊ぶなら全然問題ないくらいのパソコンが手に入ります。

15万の場合はいくらか選択することが出来ます。全ての予算をグラフィックボードに注ぎ込めば最新のゲームをいい感じに遊べるPCとなるでしょう。ただ、その場合メモリやCPUがショボくなるので普段使いでちょっとストレスを感じるかもしれません。

17万クラスならまあ自分の欲しいものをおおむね全部詰め込めるでしょう。向こう1年は何の不自由もなく暮らせるはずです。やろうと思えば5年、6年、7年以上使い続けてもなんとかなると思います。

個人的には最低でも15万クラスのものを購入すべきだと思っておりますが、そんなに出せない人も多いでしょう。11万クラスでも最新ゲームをミディアム〜ハイくらいの設定で遊ぶくらいは出来るはずなので問題有りません。

ちなみにドスパラでは11万のPCについてくるGTX760というグラフィックカードはPS4が付けているグラフィックカード(改造HD 7870)と比べると1.1倍くらい遅いと言われているので、11万のPCといえど最低でもPS4よりちょっと下レベルのグラフィックは保証されます。

PS4レベルの画質で十分という人は11万クラスのPCでいいかもしれませんね。

さて、予算を決めたら次は目的を決める必要があります。

予算を目的に振り分けよう

予算が設定できたら今度は目的を考えましょう。

ゲームに使う、イラストを書くのに使う、毎日の作業に使う等いろいろな用途があるはずです。それをしっかり決めるか決めないかではパソコンの性能は大きく変わってきます。

ゲーミングPCはCPU、グラフィックカード、メモリなどから成り立つパソコンです。

どの部分に予算をかけるかによってその得意分野は変わってきます。簡単にどのような役割を持っているのか説明すると

CPUが高級だと全体的なスピードが向上します。

グラフィックカードが高級だとゲームのスピードが向上します。

メモリが高級だと同時に大量の作業を同時にこなすことが出来るようになります。

もちろん全て大事なのですが、予算が限られている以上ある程度お金をかける所を絞る必要が出てきます。

基本的にはCPUは誰でも重要、グラフィックカードはゲーマーに重要、メモリは絵かきや作業をする人に重要と言われています。なのでもしゲーミングPCが欲しいのであれば予算はグラフィックカード>CPU>メモリの順で割り当てましょう。

ドスパラのようなBTOサイトでPCを組む時はこのようにある程度パソコンの中身をカスタマイズできます。

Screenshot at Jun 30 16-13-04

予算以下のモデルを選び、お金をかけたい所だけ高級な物に載せ替えるというのがいい選び方といえるでしょう。

買おう

予算と目的が決まったらあとは買うだけです。まずはドスパラのような自分でパソコンの中身をカスタマイズして購入できるサイトに行きましょう。

そこで自分の予算にあったPCより少し安いくらい、かつ自分の希望するCPU/グラフィックカードが載っているのPCを選び…

Screenshot at Jun 30 16-18-29

カスタマイズを選び…

Screenshot at Jun 30 16-18-44

目的に合わせてカスタマイズするのみです。

Screenshot at Jun 30 16-22-37

ゲーミングPCの選び方はこれだけです。

1から自作したい場合はもっと知識が必要になってきますが、BTOサイトでパソコンを購入する場合は予算と目的だけ絞れていれば何の問題もなく購入できます。

ちなみにグラボはどうしてもGTX◯◯を載せたいが、このパソコンには乗せられないというのは予算不足です。あまり安いCPUとメモリを載せたPCにいいグラボを載せても他の安いパーツがボトルネックとなり本来の性能を発揮出来なくなるため、ある程度性能が離れすぎているパーツは載せられないようになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする