ゲーミングPCの液晶モニタセットのおすすめ紹介

ゲーミングPCに1番必要なパーツとは何でしょう?

ゲームの画質を司るグラフィックカードでしょうか、それとも計算速度を決めるCPUでしょうか。

いやいやすべてを動かす電源に決まっているでしょう、もしかしたらメモリかも…

なんて思った人に贈ります。この言葉を…

Screenshot at Jul 15 17-25-44

この記事タイトルからしてモニタ以外を想像した人はまあ、いないと思いますが…

ゲーミングPCをせっかく手に入れても、それを出力するモニタがなければただの電力を食う箱でしかありません。パソコンはマザーボードだけでも動きますが、モニタがなければ何にもなりません。

ですが、ゲーミングPCは多くの場合モニターは別売りで売られているため、ゲーミングPCを一から買おうと思ったのであればモニターも別に購入しなくてはいけません。

当サイトで紹介しているゲーミングPCはどれも本体のみで、もし初めてパソコンを買おうと思っているのであればモニターも一緒に買う必要があります。

今回はモニターを持っていない人のために、モニター付きパソコンのおすすめについて紹介していきましょう。

実はモニタ付きのほうが割高

いきなりですが、残念なお知らせです。実はゲーミングPCを買うときは、ゲーミングPC+モニタセットを買うと割高になります。

具体的な例を上げてみましょう。例えばガレリアDTとモニタのセットですが、このセットにはガレリアDTにRL2455HMというBenQの19,440円のモニターが付属しています。

ガレリアDT
液晶セット
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i5-4590
グラボGeforce GTX960
メモリ8GB DDR3 SDRAM
ストレージHDD:1TB
価格122,980円〜

BenQと言えばゲーミングモニターに初めて目をつけて確固たる地位を築いた由緒あるモニター屋ですね。ゲーミングPCを買うにあたってBenQのゲーミングモニターを買った人も少なく無いでしょう。

大きさも24センチでスピーカー付きで19,440円ならまあ悪く無いと思うかもしれませんが…

モニターにスピーカー要りますか?要りませんよね?ゲーミングPCを買うならヘッドセットやマイク付きイヤホンでゲームをする人が大半なのに、モニターにスピーカーが付いていても恐らく使わないでしょう。

また、もしヘッドセットやマイク付きイヤホンでゲームをしない場合でも、モニターについているスピーカーはかなり粗悪なものが多くなっています。

例えばスピーカー無しで24インチのモニタならこういう物もあります。

438052BenQ
GL2460 (24インチワイド TN液晶モニター)ブラック

これも同じくBenQによる24インチのモニターですが、スピーカーが付いていません。

その代わり値段が13,871円となっており、約4000円も安くなっています。

4000円あったら、こういうアンプ付きのものすごく音質の良いスピーカーが買えますからね!!↓

416541

一度聞いてみるとわかりますが、アンプが付いたスピーカーはもうびっくりするくらい音質がいいですよ〜

対戦ゲームをするなら足音で敵の位置が分かる必要があるのでスピーカーは向きませんが、そうでもないなら質のいいスピーカーでゲームをするのもいいでしょう。

もしくは、普通にその余った4000円でヘッドセットを買ってもいいでしょう。

435161

このHT-SHK002ECREなんかは4000円くらいしかしないくせにマイクのON OFFスイッチを搭載しています。音質もサラウンド級とのことで、前後左右上下から近づいてくる敵の位置を音で感じることが出来るでしょう。

さて、ゲーミングPCをモニタとのセットで買うべきではない理由は他にもあります。ガレリアDTとモニタのセットをもう一度よく見てみましょう。

まずはガレリアDTとモニタのセットがこちら…

Screenshot at May 25 21-09-53

次にガレリアDTの単体がこうなります。

Screenshot at May 25 21-10-08

お気づきでしょうか?

なんとモニタとセットになっている方はCPUがメチャクチャ弱体化していて、ストレージも25%程少なくなっている上にSSDが付属していません。

正直言って…買ったら絶対に後悔するタイプのパソコンです。モニタとパソコンのセットは買うのを辞めましょう!!!!

正しいゲーミングPCとモニタのセットの買い方

モニタとパソコンのセットを買ってはいけないのなら、一体全体どうしたらいいのでしょうか?

私は構成の変更から適切なモニタを選んで買う事をおすすめします。

構成の変更でモニターを付ける

ゲーミングPCは購入するとき、構成の変更からパソコンのパーツを変更することが出来ます。

Screenshot at May 25 21-15-27

このガレリアの構成内容を今すぐ変更するから、構成内容を変更する際にモニターを付けるかどうか選ぶことが出来ます。

例えばガレリアDTならこんな感じです。

Screenshot at May 25 21-17-06

いろいろありますね…

モニターの選び方についてはゲーミングPCの液晶モニターの選び方でも解説しましたので詳しく知りたい人はそちらもどうぞ。

もし読むのが面倒くさいからこの構成画面で全部決めたい人は

  • インチ数
  • スピーカーの有無

だけ注目しましょう。

インチ数というのはモニターの右上から左下までの長さの事で、これが大きければ大きいほど画面も大きくなります。

23インチなら横幅役50センチ、24インチなら横幅約53センチ、25インチなら横幅約56センチとなっているので机の大きさを考えてインチ数を選びましょう。

本当にどうでもいいなら23以上を選ぶといいでしょう。もちろん大きければ大きいほど値段は高くなっていきます。

次にスピーカーの有無ですが、先程も言ったとおりスピーカーがあると高くなります。

高くなる割にモニターについているスピーカーというものは質が悪いので、よほどの理由がない限りスピーカー付きモニタを買うべきではありません。スピーカーありと表記されていた場合は即、選択肢から外しましょう。

そして浮いたお金でヘッドセットかアンプ付きスピーカーを買うといいでしょう。

ちなみに、私がもしガレリアDTとモニタを構成変更で買うなら、これを選びます。

Screenshot at May 25 21-28-03

23インチワイドモニタ、フィリップス製のスピーカー無しのモニターです。

THE・平凡としか言いようながないレベルのモニターですね。値段も16,740円とかなり安めです。

フィリップスというモニター屋はとにかく安くて無難なモニターを出すメーカーです。とりあえずコスパを求め、安くて余計な機能が全部取り払われた物を出し続けています。

もしお金がないのにモニター選びに迷ったらフィリップスの15,000円前後のモニタにしておけばハズレは絶対にありません。

ちなみに、お金が余っていてガレリアDTなんていう安パソコンじゃなくて、ガレリアZGみたいな最強リッチパソコンを買いたいと考えている人はこっちがお勧めです。

Screenshot at May 25 21-35-33

フィリップスの安モニターとくらべてると、1インチしか大きさが変わらないくせに値段が2倍以上します。

いえいえ…BenQのXL2411Zの強みは大きさなんかではなく、右下にちょろっと書いてある144Hzの部分です。

モニター業界における144Hzというのは「1秒間に何回画面が更新されるか」という単位であります。

これはFPSともリフレッシュレートとも表記されることがありますが、つまりは「画面がどれだけなめらかであるか」を示しているわけです。

例えばコンシューマ機のGTA5ではゲームを30FPSで描写しています。一方、PC版GTA5ではゲームを60FPSで描写しています。

これをわかりやすく比較した画像が以下になります。

fpsdemo1

15FPS、30FPS、60FPSでどれだけなめらかであるかの違いが現れるか視覚的に理解できたかと思います。特に高速移動している場合、30FPS未満では目も当てられないくらいカクカクになっていますね。

そして、通常の液晶モニターというものは、60FPS以上の描写は出来ないようになっています。

60FPS以上のなめらかさで画面を表示したければ、専用の高級モニターが必要になってくるわけですね。

そこで搭乗するのがBenQのXL2411Zというわけです。このモニターは144Hz、つまり144FPSの描写に対応しています。60FPSの2.4倍なめらかにゲーム画面を描写できるというわけですね。

30と60であれだけ違うのですから、144FPSではどうなってしまうのか…容易に想像できますね。

ただし!144FPS液晶モニターには致命的な弱点があります。それは…ハイスペックなPCでなければその恩恵を享受出来ないという点です。

例えばGTA5で60FPSで遊ぶには、ゲーム自体を60FPSで描写する必要があります。ただし、GTA5のような物凄く重たいゲームで60FPS出そうと思ったら、かなりの能力を持ったパソコンを使うか、GTA5の設定をかなり下げる必要があります。

そして…そう、144Hz液晶の恩恵をうけるためには144FPSを出す必要があるのですが、これはすなわち60FPSの2.4倍の量の描写が出来るハイスペックなマシンを持っていなければ叶わないわけです。

最新ゲームで高FPSを出すというのは簡単なことではありません。だからさっきあえてガレリアZGみたいなリッチパソコンを持っている人におすすめ…と書いたわけですね。

LoLやSA、もしくはマインクラフトのような古いか軽いゲームを遊ぶだけなのであればガレリアDTのような安めのパソコンでも一応144FPSを出し、144Hz液晶の恩恵をうける事が可能かもしれませんが…

それ以外のちょっと新しいゲームでは絶対に144FPSなんて夢のまた夢になるので、強力なパソコンを持っていないかぎりはゲーミングPCに合わせてモニターを買う際は15000円くらいのモニターで十分でしょう。

一方で、GTX1080のような最高級グラボを載せた最強ゲーミングPCを買おうと思っている人は、是非とも144Hz液晶に手を出して、最強のパソコンを最高の環境で使うといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする