予算15万前後で買うゲーミングPC

ゲーミングを買おうと思っているが、予算は15万くらい…と考えている人のために、今回は予算15万程度で買うゲーミングPCについて解説していきます。

ゲーミングPCには予算15万くらいが最適

私は個人的に、ゲーミングPCを買うなら予算15万くらいが最適だと考えています。というのも15万も出せば、現行最強のコスパを誇るGTX1070を搭載したゲーミングPCを購入できるからです。

ゲーミングPCには10万〜のものもありますが、10万くらいのパソコンは1年もしないうちに最新のゲームを遊ぶには力不足になってしまいます。しかし、15万のパソコンならこの先2年以上は最新のゲームを最高画質や最高画質でなくてもかなり素晴らしい画質でプレイし続けることが出来るはずです。

さらに、15万くらいのゲーミングPCにはSSDが1つ搭載されていることが多くなっています。

SSDというのはパソコンのデータを保存しておく機械の1つなのですが、このデータを保存しておく機械にはHDDSSDという名前のものが2種類しています。

HDDはデータ容量に非常に優れていて、コスパで考えるなら1円あたりかなりの量のデータを保存しておくことが可能です。

SSDはHDDほど大量のデータを保存しておくことは出来ませんが、読み込み速度が異常に早いことで有名なのです。

読み込み速度が早いと何が起きるのかというと、パソコンがとてつもなく軽快に動作するようになります。つまり、起動も数秒、フォルダやプログラムを開くのもコンマ数秒、ゲームのロード時間も物凄く短くなるのです。

こればかりは自分で体感してみなければ分かりませんが、SSD搭載パソコンならスイッチを入れてからだいたい10秒以内にパソコンが起動します。条件によってはさらに短くなることもあります。

パソコンの動作が快適というのはパソコンを使う上で重要ですからね。15万を出せばこのとてつもなくパソコンを快適にするSSDが搭載されたパソコンを買えるわけです。

GTX1070搭載パソコンとは

最初に言ったGTX1070というのはなんなのでしょうか。ゲーミングPCをゲーミングPCたらしめているのはグラフィックカードなのですが、15万を出せばGTX1070という性能の良いグラフィックカード搭載パソコンを購入することが出来ます。

3070367-geforce_gtx_1070_front_1464015992

GTX1070というのは最新のグラフィックカードのうちのひとつで、グラフィックカードというのはパソコンがどれだけ綺麗な画質でゲームをプレイできるかと言う事を左右できるパーツとなります。

GTX10シリーズには1060、1070、1080と3種類が今のところ発売されているのですが、1060はミドルエンドで力不足、1070はハイエンドでコスパ最適、1080は超ハイエンドで強力だか高い…という感じに分けられています。

GTX1070が搭載してあるパソコンなら、最新のグラフィックが売りのAAAタイトルのほとんどすべてのゲームのグラフィック設定を高設定にした状態で快適に遊べるはずです。

古いゲームを遊ぶなら144Hzモニタ推奨

GTX1070を搭載した強力パソコンですが、古いゲームをメインに遊ぼうとゲーミングPCを買う予定の人には強力過ぎるかもしれません。

古いゲームというのは例えばサドンアタック、マインクラフト、League of Legends、Dota、ガンダムオンライン、AVA、World of Tanksなどなど…ゲーム自体が古いか、グラフィック自体が売りではないゲームのことですね。

これらのゲームを遊びたいからと15万のゲーミングPCを買っても、その性能を100%発揮することは出来ません。古いゲームを遊ぶなら10万のパソコンでも全然問題なくプレイできるからです。

古いゲームを遊ぶのがメインで、このオーバースペック気味のグラフィックカードの性能を100%発揮したいのであれば144Hzのモニターを買うといいかもしれません。

通常のモニターは1秒間に60コマ画面を切り替えることによってゲーム画面を表示しているのですが、144Hzモニターでは1秒間に144コマ画面を切り替えてゲームを画面を表示しています。

それによって何が起こるのかというと、144Hzモニターでゲームを遊ぶと通常の2倍以上ゲームがなめらかに見えるのです。

比較するために30コマと60コマでどれくらい滑らかさが違うのかよく分かる画像を持ってきました。

Erm0LJZ

おわかりでしょうか。

画面が滑らかになれば、特に対戦ゲームはもっと有利になりますよね。

この144Hzモニターの本当の性能を発揮するには性能の高いパソコンが必要です。1秒間に144コマ描写する機能がモニターに備わっていても、1秒間に144コマの映像を描写する能力がグラフィックカード側に無ければ全く意味がないのです。

ですが、GTX1070ならそこは問題ないでしょう。特にグラフィックが低めの先ほど上げたゲームをプレイするのなら、144コマの映像を描写するくらいなんてことはないはずです。

問題は144Hzモニターはだいたい3万円くらいするという点ですね。当サイトでおすすめしているのはBenQ XL2411Z(DP)ですが、これも3万円します。

ただ、ハードウェア面で有利に立ちたいという人は購入を検討してみてもいいかもしれません。

15万前後のおすすめゲーミングPC

15万出すなら絶対にGTX1070が搭載されているゲーミングPCを買いましょう。

ちょっと安いからといって960のパソコンを買ってしまうと絶対に後悔します。GTX960とGTX1070にどれくらいの差があるかを具体的に数字で表すと、これくらい違います。

  • GTX 1070:11,748点
  • GTX 960:5,922点

明らかに性能が違います。これはグラフィックカードの性能をテストするソフトウェアを利用して出した数値であるため、この数値が高ければ高いほどそのグラフィックカードは性能が高いと言う事になります。

つまり、GTX1070とGTX960では単純計算で2倍ちかくのFPSを出せると言う事になります。FPS2倍の違いは体感してみるとわかりますが、全く違います。もう一度上のFPS比較画像を見なおしてみましょう。

同じことをもう一度言いますが、15万出せる支払い能力があるのに、ちょっと安いからといってGTX960のパソコンは絶対に選ばないようにしましょう。絶対に後悔します。

さて、これを踏まえたおすすめパソコンですが、私は当サイトでも1番推しているこれをおすすめします。

ガレリアXF

ガレリアXF
kt_410-3-300x263
CPUIntel Core i7-6700
グラボGeforce GTX1070
メモリ8GB DDR4 SDRAM
ストレージHDD:2TB
SSD:480GB
価格159,980円〜

私が口を酸っぱくして言い続けたGTX1070がバッチリ搭載されていますね。CPUもi7と最上位モデルになっています。グラフィックカードの性能ばかり高くても、CPUがショボければCPUがボトルネックとなって結局性能が発揮できないことがあるので、そこも考えられています。

ガレリアXFはつい最近まではGTX970が搭載されていたのですが、この前の改定にてGTX1070が搭載されるようになりました。

CPUのi7-6700はGTX970にはちょっともったいないレベルで高速でしたが、GTX1070と合わせるにはピッタリなレベルで強力です。

また、動画のエンコード、もしくはマインクラフト工業MODのようなCPUを大量に使う事をするのであれば非常に便利ですね。

また、何よりSSDも最初から250GB搭載されているので、何も考えなくてもかなり高速のパソコン体験をすることが出来るでしょう。

まったく文句のつけようがないパソコンです…最初にパソコンを買うのであれば、是非ともこれをおすすめしたいですね。

構成変更のすすめ

ゲーミングPCをBTOサイトで買おうと思ったら構成を変える事が出来ます。

…が、詳しくないなら構成は変えないほうがお得です!!!!!!

太文字+赤文字で強調しましたが、それくらい大事なことなのです。構成を変更する画面では+2000円で◯◯にアップグレードとか、+5000円で◯◯に変更!みたいなちょっと心をくすぐる謳い文句で溢れています。

これを見ているとなんとなく+4000円くらいでアップグレードしたくなる気持ちはわかりますが、やめましょう。4000円くらいでパソコンの性能は上がりませんから!

パソコンの性能を上げたいのであれば、最低でも1〜2万値段が上昇するアップグレードをしなければ上がりません。数千円くらいのアップグレードでは全然なんの変化も感じられず、何も変わらないのに数千円取られた…という感じになって非常に損です。

構成の変更をするなら、SSDの追加のみに徹しましょう。

SSDの追加

先程も説明したとおり、SSDというのは読み書き速度が異常に高速な記憶媒体です。

構成の変更画面にてこれを1個余計に追加することにより、ゲーム体験が非常に快適になります。

Screenshot at Jan 20 15-49-56

具体的にどう快適にするのかというと、すべてのゲームを追加したSSDにインストールするのです。

ゲームをSSDにインストールし、そこから起動するようにするとゲームのロード時間が重数秒短縮され、とにかく何もかもが早くなるのです。

ロード時間が特に長いGTA5や、ロードが頻繁なフォールアウト4でこのテクニックを使うともう…悲しいくらい快適になります。

また、ロードが早く終わった順に好きな乗り物を選べるバトルフィールド4みたいなゲームの場合、すべての味方を差し置いていきなり自分だけ自分の得意な乗り物を取りに行ったり出来ます。

ガレリアXF+追加SSD1個というのが最強の構成です。試してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする